お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【Fire TV Stick 4K レビュー】できること、対応テレビ、Echo連携、画質、他製品との違いまとめ

【レビュー Fire TV Stick 4K】使い方、機能、Fire TV Stickとの違いなど/Alexa搭載リモコン付属

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

いままであったFire TVが販売終了となり、新たに4K対応機種「Fire TV Stick 4K」が発売されました。

Fire TV Stick 4Kは、テレビのHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、4K動画や音楽など様々なコンテンツを楽しむことができる優れもの。

 

Fire TV Stick 4Kはこんな製品
  • 高画質・高音質で4K動画にも対応。
  • 対応コンテンツが豊富。
  • Alexa搭載リモコンで音声操作ができて便利。
  • Echoの機能が一部使える。
  • Echoと連携でき、声だけのハンズフリー操作ができる。

 

発売日に購入して早速使ってみたので、製品のレビューを書いていきたいと思います。

Fire TV Stick 4Kの購入を検討しているあなたの参考にしていただければ幸いです。

Amazon
¥6,980 (2019/11/11 21:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Fire TV Stick 4kのスペック

画質、機能など、さらに進化した「Fire TV Stick 4K」のスペックを紹介します。


Fire TV Stick 4K

価格(2018.12.12現在)¥6,980
Fire TV Stick 4K(本体)
解像度4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサクアッドコア 1.7 GHz
ストレージ8GB
音声認識同梱のAlexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応。
オーディオDolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
サイズ108 mm x 30 mm x 14 mm (HDMI端子含む)
重量53.6g
付属品(Fire TV Stcik 4K、リモコン以外)USBケーブル、HDMI延長ケーブル、電源アダプタ、単4電池2本、スタートガイド
Alexa対応音声認識リモコン
サイズ37 mm x 142 mm x 16 mm
重量43.4g
電池単4 x 2(同梱)
コントロール方式Bluetooth接続、赤外線(IR)送信

Fire TV Stick 4Kの外観、付属品

Fire TV Stick 4Kの外観、付属品

付属品
  • Fire TV Stick 4K(本体)
  • Alexa搭載リモコン
  • 電源アダプタ
  • USBケーブル
  • HDMI延長ケーブル
  • 単4電池2本
  • スターターガイド

 

すぐに使えるように電池も付属されていますし、形状の問題などで直接テレビのHDMI端子に差し込めないとき用に、HDMI延長ケーブルも用意されています。

後から購入が必要なものもないので、特に問題はなさそうです。

 

Fire TV Stick 4Kは高画質・高音質で4K動画にも対応

Fire TV Stick 4Kは高画質・高音質で4K動画にも対応

優れた機能・技術
  • 4K Ultra HD
  • Dolby Vision
  • HDR
  • HDR10+
  • Dolby Atmos

 

Fire TV Stick 4Kでは、上記の機能に対応してるので、鮮明で美しい映像と迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

4K対応のテレビやスピーカーなどが必要ですが、Fire TV Stick 4Kがあれば簡単に実現することが可能なんです。

 

Fire TV Stick 4Kの画質について

4K動画は対応テレビを持っていないので確認できませんでしたが、スマートテレビとの画質を比較してみました。

素人の撮影なので、参考程度でお願いします。

※使用機器:SONY 2015年製 KJ-40W700C

比較画像1

Fire TV Stcik 4Kの映像

比較画像2

SONY KJ-40W700C(2015)
Smart TVの映像

テレビの映像をそのままカメラで撮ったので分かりずらいですが、僕としてはスマートテレビの映像より、Fire TV Stick 4Kの映像の方がきれいに映っていると感じました。

 

Fire TV Stick 4Kは対応コンテンツが豊富

Fire TV Stick 4Kは対応コンテンツが豊富

プライムビデオ、Hulu、DAZNなどの動画配信サービスから、プライムミュージックやSpotifyなどの音楽アプリなど、様々なコンテンツを利用することができます。

スマートテレビではメーカーごとに利用できるコンテンツが違ったり、少なかったりしますが、Fire TV Stickならそんな心配がなくなるくらいコンテンツが豊富です。

 

しかも、Alexaの機能を搭載しているので、ニュースや天気、さらにはラジオまで聴くことができますよ。

 

Fire TV Stick 4Kは操作性がいいので快適

Fire TV Stick 4Kは操作性が軽快

リモコンの反応がよく、サクサク操作ができます。

僕はスマートテレビを使っていましたが、動作が遅くていつもイライラしていました。

 

でもFire TV Stick 4Kにしてからは、ストレスがなく利用できています。

スマートテレビの操作性とは雲泥の差です。

Fire TV Stickなら遅延もほとんどないので、ストレスなく視聴ができますよ。

 

Fire TV Stick 4Kは音声操作ができる

Fire TV Stick 4Kは音声操作ができる

Fire TV Stick 4Kには、Alexa搭載のリモコンが付属しています。

このリモコンの音声認識ボタンを使うことで、音声による操作が可能です。

Alexa搭載リモコン

「アニメ探して」といえば、アニメの動画を検索してくれますし、「ワンピース再生して」といえばワンピースの動画を再生してくれます。

他にも、「音量の上げ下げ」、「早送り・早戻し」、「次のエピソードに行く」など様々な操作が可能です。

 

リモコンでも操作はできますが、検索するときに文字を入力する手間が省けたり、秒単位で早送り・早戻しができたりととても便利。

さらに、Alexaの機能も使えるので、声で指示を出せば実行してくれますよ。

 

Fire TV Stick 4Kでできること

Fire TV Stick 4Kの音声操作でできることを一部紹介したいと思います。
動画視聴関連
できること音声コマンド例
動画の検索する「アニメ探して」
「海外ドラマ探して」
「仮面ライダー探して」
「4Kの番組を探して」
動画を再生する「プライムビデオでおっさんずラブ再生して」
「ゲゲゲの女房の続き再生して」
動画再生中の操作「30秒進めて」
「30秒戻して」
「次のエピソード再生して」
「止めて」(一時停止)
アプリの起動「AbemaTVのアプリ起動して」
「Huluのアプリ始動して」
Alexa機能関連
できること音声コマンド例
音楽の再生(Amazon Music Unlimitedの場合)「アレクサ、ミスチルかけて」
「アレクサ、DAPUMPのU.S.Aかけて」
「アレクサ、J-POPかけて」
ニュースを聞く「アレクサ、ニュース聞かせて」
天気を聞く「アレクサ、今日の天気は?」
ラジオを聞く「アレクサ、radiko(ラジコ)でNACK5つけて」
タイマーをセットする「アレクサ、タイマー10分セットして」

 

Fire TV Stick 4Kでは動画視聴関連以外に、アレクサの一部機能を利用することができます。

Echoを持っていなくても、Echoの機能を体験可能。

テレビでいろんなことができちゃいます。

Amazon
¥6,980 (2019/11/11 21:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Echo端末との連携(接続)ができる

Echo端末との連携は近日対応予定

Fire TV Sticl 4KにAlexaが搭載されたことで、Echoとの連携を想像される方もいると思います。

ハンズフリーでテレビも操作できたら便利ですよね。

 

実は、Fire TV Stick 4KではEchoとの連携(接続)が可能なんです。

声だけで動画を検索したり、再生したりすることができます。

 

人は慣れてくると面倒くさくなる生き物。

そんなとき、声だけで操作できるというのは、とっても便利なんです。

 

Fire TV Stick 4KとEcho端末の連携方法

Fire TV Stick 4KとEchoの連携は、Alxeaアプリからすることができます。

 

1.Alexaアプリの設定からTV・ビデオを選択

Alexaアプリのメニューから設定を選択し、TV・ビデオをタップしてください。

 

Fire TV Stick  4Kとechoの連携2

fireTVをタップし、続けてAlexaデバイスをリンクをタップします。

リンクするデバイスの選択画面になるので、Fire TVを選択して続行をタップしてください。

 

Fire TV Stick  4Kとechoの連携3

Alexaデバイスの選択画面になるので、表示されているお手持ちのデバイスを選択し、デバイスを接続をタップしてください。

接続済みデバイスに、選択したデバイスが表示されれば連携完了です。

 

Echoからの操作方法

Echoと連携することできる音声操作の一部を紹介します。

 

音声コマンド例(12.17確認済み分)
  • アレクサ、「アニメ」探して。
  • アレクサ、「ワンピース ストロング フィルム」再生して。
  • アレクサ、(動画)止めて。
  • アレクサ、(動画)再開。
  • アレクサ、30秒進めて。
  • アレクサ、30秒戻して。
  • アレクサ、次のエピソード再生して。

 

動画の再生は、タイトルが一致しないと再生してくれず、うまく再生できない動画もありました。

音楽サービスと連携している場合は、同じタイトルの音楽が再生されてしまうことがあるので、「Fire TVで」や「プライムビデオで」などを入れて伝えると上手くいきます。

 

音量の操作に関しては、現状うまくいったりいかなかったりで不安定です。

それと、Amazonのポリシーなのか、前のエピソードの再生には対応していません。

 

Fire TV Stick 4Kのデメリット・注意点

使っていて気になった点も紹介します。
デメリット・注意点
  • Wi-Fi環境がないと使えない。
  • 4K対応テレビでなければ、4K動画は観れない。
  • 性能を引き出すには、高スペックのテレビが必要。
  • 通信環境によっては接続がよく切れる。
  • セットアップは簡単だけど、上手くいかないことがある。
  • YouTubeの再生はブラウザアプリを使う必要がある。

Wi-Fi環境がないと使えない

Fire TV Stick 4Kは、Wi-Fi環境がないと利用することができません。

Wi-Fi環境がない方は、あらかじめ構築しておいてください。

 

どうしても有線の環境しか構築できない場合は、別売りの有線LAN接続用アダプタを使用することで、有線LANから接続することができます。

有線の方が通信が安定するので、Wi-Fiの通信が安定しない方にもおススメの製品ですよ。

Amazon
¥1,780 (2019/11/12 11:05:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K対応テレビでなければ、4K動画は観れない

当たり前かもしれませんが、4K対応のテレビでない場合は、4K動画を再生しても4K画質にはなりません。

必要な場合は、あらかじめ用意しておいてください。

 

性能を引き出すには、高スペックのテレビが必要

先ほどの4K動画同様、テレビの性能が搭載されている機能に対応していない場合は、例え素晴らしい機能であっても、その機能を引き出すことができません。

外部スピーカーやオーディオセットなど、必要な場合はあらかじめ用意しておいてください。

 

通信環境によっては接続がよく切れる

これは僕の環境でもそうだったのですが、使用しているときに通信ができなくなることがあります。

Fire TV Stickを再起動することで解決できましたが、頻繁に起きるようだと困りますよね。

続けて使用していたら、僕の通信環境でも安定して使用できるようにはなったので、初期不良なのかもしれません。

MEMO

Wi-Fiの5GHzで接続していて調子が良くなかったので、2.4GHzに変えてみたところ通信が安定しました。

テレビの裏では5GHzは安定しないみたいです。

通信機器や環境によると思いますが、不安定な方は試してみてください。

 

セットアップは簡単だけど、上手くいかないことがある

Fire TV Stickのセットアップは、画面にでてくる指示に従い操作すれば数分で完了します。

ですが、何度か途中で止まってしまい、最初からやり直しました。

これも初期不良かもしれないので、焦らず何度かチャレンジしてみてください。

 

YouTubeの再生はブラウザアプリを使う必要がある

AmazonはGoogleを敵対視しているので、YouTubeを簡単に使えるようにはしてくれません。

Fire TV Stickの例外ではなく、アプリがないのでFireFoxかSilkブラウザ経由で使用することになります。

意地悪なのか優しさなのか分かりませんが、ひと手間かければ使うことは可能です。

追記(2019.4.22)

4月18日に、今までいがみあっていたAmazonとGoogleが和解したとの報道がありました。

これにより、Fire TVに提供されていなかった「YouTubeアプリ」が数ヶ月以内に利用可能に。

 

アプリが使えるようになると、動画が4K/HDR、60fpsに対応となります。

反対に、Chromecastではプライムビデオが利用可能になるようです。

 

MEMO

2019年8月15日現在、YouTubeアプリをFire TV Stick内で利用できるようになっています。

 

参考 GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供 - AV WatchAV Watch

 

Fire TV Stick 4Kの対応テレビ

Fire TV Stick 4Kに対応しているテレビのスペックは、以下のようになっています。

4K動画

HDMI端子対応の4Kテレビが必要です。

「24/25/30/50/60Hz」および 「HDCP 2.2対応」の、ソニー、シャープ、パナソニック、東芝、三菱、LG、サムスン等のテレビが該当します。

 

4K以外の動画

HDMI端子対応のHDテレビが必要です。

「60/50Hz、1080p」または「720p対応」の、ソニー、シャープ、パナソニック、東芝、三菱、LG、サムスン等のテレビが該当します。

 

テレビの互換性をチェック

Fire TV Stick 4Kの商品ページより、テレビの互換性を確認できるので、一度確認してみてください。

お持ちのテレビとの互換性を確認する

 

Fire TV Stick、Cubeとの違い・比較

機種
Fire TV Stick

Fire TV Stick 4K

Fire TV CUbe ※2
価格¥4,980¥6,980¥14,980
解像度最大1080p4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサ(CPU)クアッドコア 1.3GHzクアッドコア 1.7GHzヘキサコア (クックドコア:2.2GHZ+ディアルコア:1.9GHz)
オーディオDolby AudioDolby AtmosDolby Atmos
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
ハンズフリー操作
内蔵スピーカー
音声検索対応
AV機器操作〇 ※
4K対応
保証期間90日間(有償で延長保証あり)1年間(有償で延長保証あり)1年間(有償で延長保証あり)

※1 2019年1月16日より、付属のリモコンが4Kタイプと同じ、Alexa対応リモコンに変更になりました。
※2 Fire TV Cubeは、2019年11月5日発売予定。

 

主な違い
  • 4K対応の有無。
  • プロセッサの性能が違う。
  • 解像度・オーディオ性能が違う。
  • ハンズフリー操作ができるかどうか。
  • 保証期間の違い。

 

Fire TV Stickと4Kはどっちを選べばいいのか

Fire TV Stick 4Kの方が、画質や音質、4K対応、処理速度などの基本性能が優れています。

他には、保証期間が主な違いです。

 

2019年1月16日から「Fire TV Stick」も、リモコンがAlexa対応リモコンになりました。

ですので、大きな違いは4K対応とオーディオなどの基本性能の違いだけ。

 

どちらを購入するかで迷っている方は、

  • 4K対応テレビを持っているか。
  • 基本性能が高い方がいいか。

 

などで判断するくらいしかないですね。

4Kや基本性能にこだわりがなければ「Fire TV Stick」で問題はないと思います。

 

☟2つの違い・比較は、こちらの記事で紹介しています。

【Fire TV Stickで十分?4Kは必要?】Fire TV Stickと4Kの違い・比較まとめ【Fire TV Stickで十分?4Kは必要?】Fire TV Stickと4Kの違い・比較まとめ

 

据え置き型の”Cube”が登場

2019年11月5日に、据え置き型の「Fire TV Cube」が発売されます。

そこで、比較対象になるのが「Fire TV Stick 4K」です。

 

4KとCubeの主な違いは、

  • 直付けか据え置きか。
  • 基本性能の違い。
  • Alexa搭載でハンズフリー操作が可能かどうか。

です。

 

性能に大きな違いは見受けられないので、選ぶ基準としてはハンズフリー操作を利用したいかどうかになってきます。

 

Fire TV Cubeがいい人
  • 基本性能が高い方がいい。
  • AmazonのEchoを持っていない方で、ハンズフリー操作をしたい。

 

Fire TV Stick 4Kがいい人
  • 基本性能より価格が安い方がいい。
  • ハンズフリーは利用しない。
  • Amazon Echoシリーズを持っている。

 

どちらかで迷っている場合は、上記の基準で判断してみてください。

Echoを持っている方は4Kと連携ができるので、基本性能にこだわらなければ「Fire TV Stick 4K」で問題ないと思います。

 

☟Fire TV Cubeの紹介記事はこちら

【Fire TV Cube レビュー】できること、対応テレビ、Stickとの違い/4K、ハンズフリー対応の高性能モデル【Fire TV Cube レビュー】できること、対応テレビ、Stick(4K)との違い/4K、ハンズフリー対応の高性能モデル

 

Amazon
¥6,980 (2019/11/11 21:43:47時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon
¥4,980 (2019/11/11 22:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

Fire TV Stick 4Kのアクセサリ

Fire TV Stick 4Kのアクセサリを紹介します。必要に応じて本体と一緒に購入してください。

 

Fire TV Stick 4Kには、便利なアクセサリがあります。

必要なものがあったら、一緒に購入しておきましょう。

Amazon
¥1,780 (2019/11/12 11:05:58時点 Amazon調べ-詳細)
長尾製作所
¥1,280 (2019/11/12 12:24:55時点 Amazon調べ-詳細)
Techmark Japan
¥1,280 (2019/11/11 19:20:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

『Fire TV Stick 4K』過去のセール情報

「Fire TV Stick 4K」の、過去にセール価格で販売された実績を紹介します。

【過去のセール価格】

タイムセール祭り
(2019.9.20~9.23) 
¥5,480(1,500円OFF)
タイムセール祭り
(2019.8.31~9.2) 
¥5,480(1,500円OFF)
プライムデー
(2019.7.15~7.16)
¥4,480(2,500円OFF)
タイムセール祭り
(2019.5.11~5.13)
¥5,480(1,500円OFF)

 

ここ最近、セール価格で販売されることが増えてきました。

ビッグセール以外でも、期間限定で安くなる時もありますので、こまめにチェックしましょう。

Amazon Fire TV Stick(4K)のセールはいつ?2019最新&過去のセール価格まとめAmazon Fire TV Stick(4K)のセールはいつ?2019最新&過去のセール価格まとめ

 

Fire TV Stick 4Kのまとめ

まとめ

Fire TV Stick 4Kのおさらい
  • 高画質・高音質で4K動画にも対応。
  • 対応コンテンツが豊富。
  • Alexa搭載リモコンで音声操作ができて便利。
  • Echoの機能が一部使える。
  • Echoと連携でき、声だけのハンズフリー操作ができる。
  • Wi-Fi環境がないと使えない。
  • 4K対応テレビでなければ、4K動画は観れない。
  • 性能を引き出すには、高スペックのテレビが必要。
  • 通信環境によっては接続がよく切れる。
  • セットアップは簡単だけど、上手くいかないことがある。
  • YouTubeの再生はブラウザアプリを使う必要がある。

 

動画配信サービスはタブレットやスマホでは簡単に観れますが、やっぱり大きい画面で楽しみたいですよね。

スマートテレビであれば視聴できますが、そうでないテレビでもFire TV Stick 4Kを差し込むだけで、カンタンに動画配信サービスを視聴することができるようになります。

 

他にもテレビで観るための製品がありますが、価格や性能などを考えると、Fire TV Stickはコスパが抜群。

デメリットもありますが、それ以上にメリットの方が多い製品です。

 

動画配信サービスをテレビで楽しみたいと思っている方は、まずFire TV Stickで試してみることをおススメします。

Amazon
¥6,980 (2019/11/11 21:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

☟他のAmazonデバイスの紹介記事はこちら

【レビュー】Amazon Echo Show5/声とタッチで操作。サイズ感抜群スクリーン付きスマートスピーカー