お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】新型Fire HD10(第9世代/2019)できること、比較、メリット&デメリット

【Fire HD10タブレット(第9世代/2019)レビュー】できること、比較、メリット&デメリット

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

10インチの大画面ながら1万円台と、コスパ最強のタブレット「Amazon Fire HD10」がリニューアル。

価格は据え置きながら性能や機能が向上し、さらにすごいタブレットになりました。

 

Fire HD10の特徴
  • 10インチ&フルHDなのに15,980円(32GB)とコスパが高い。
  • 処理速度や機能が向上しスムーズでより快適に。
  • 大画面で動画や書籍が楽しめる。
  • Amazon関連サービスが使いやすい。
  • Alexa搭載でハンズフリー操作ができる。

 

発売日に購入したので、早速、特徴や使ってみたメリットやデメリットを紹介していきたいと思います。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

Fire HD10(第9世代)の基本情報


Fire HD10
価格(2019年10月30日現在)¥15.980(16GB)
¥19,980(32GB)
ディスプレイサイズ10.1インチ フルHD
解像度1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサ2.0GHzオクタコアプロセッサ、2GB RAM
オーディオDolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ(容量)32GB/64GB
microSDカードスロットあり(512GBまで対応)
カメラ2メガピクセルフロントカメラ 
2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fiデュアルバンド 
a/b/g/n/ac
バッテリー12時間
充電コネクタUSB-C(2.0)
サイズ262 x 159 x 9.8mm
重量504g
カラー〇(3色)

 

Fire HD10の外観

Fire HD10の外観

Fire HD10の外観

外観はいままでのFire HD10と変わっていません。

本体カラーは、今回ホワイトを購入しましたが、その他にブラックとブルーの2色があります。

 

Fire HD10の外観

Fire HD10の外観

側面には、MicroSDカードスロットとスピーカーがあります。

これも今までと変わりありません。

 

Fire HD10の外観

Fire HD10の外観

上面には各種ボタンや入力ポートが付いています。

新しいモデルでは、充電ポートがMicro-USBからUSB-Cに変更となりました。

 

Fire HD10の付属品

Fire HD10の付属品

  • 充電アダプタ(9W)
  • USB-C(2.0)ケーブル
  • 保証書
  • スターターガイド

充電アダプタとケーブルが付属しているので、利用する際に別途購入が必要なものはありません。

旧モデルから変更になっているのは、「充電アダプタ:5W → 9W」、「充電ケーブル:Micro-USB → USB-C」です。

 

Fire HD10の付属品

Fire HD10の付属品

 

Fire HD10のメリット・特徴

ここからはFire HD10の特徴・メリットを紹介していきます。
メリット・特徴
  • 処理速度や機能が向上しスムーズでより快適に。
  • 大画面で動画や書籍が楽しめる。
  • 充電コネクタがUSB-Cになり高速充電ができる。
  • Amazon関連サービスが使いやすい。
  • MicroSDカードで容量を増やせる。
  • 機能制限で子供がいる方でも安心。
  • Alexa搭載でハンズフリー操作ができる。
  • 機能・性能に優れ低価格とコスパが良い。

処理速度や機能が向上しスムーズでより快適に

処理速度や機能が向上しスムーズでより快適に

今回のモデルチェンジで個人的に一番のおすすめポイントは、Fireタブレットの処理速度が向上したことです。

公表されている向上率は30%となっていますが、いままでのFireタブレットと比べて動きはスムーズになりました。

 

僕はFire HD8(第8世代)を利用していましたが、アプリがなかなか開かなかったり反応が悪かったりとストレスが多く、途中で使うのを辞めてしまったこともあります。

ですが、新しいFire HD10ではアプリもすぐ開き反応も速くなり、ストレスはほとんどありません。

 

大画面で動画や書籍が楽しめる

Fire HD10の大きな特徴でもある10.1インチの大画面。

画面が大きいこともあり、ウェブサイトやいろいろなアプリを利用する際にも見やすいというメリットがあります。

 

特に、動画を見たり雑誌を読んだりするのに最適。

Fire HD10には、小型のタブレットでは体感できない快適さがあります。

 

大画面で動画や書籍が楽しめる

 

充電コネクタがUSB-Cになり高速充電ができる

モデルチェンジして大きく変わったことの一つが、充電コネクタの変更です。

いままでのMicro-USBから、高速充電できるUSB-Cに変わっています。

 

旧モデルは、最大10時間利用でき充電ゼロからフル充電に約5時間かかりました。

新しいFire HD10では、最大12時間利用と稼働時間が増えているにもかかわらず、約4時間でフル充電が完了します。

※付属の9WアダプタとUSB-Cケーブルを使用した場合。

 

Amazon関連サービスが使いやすい

Amazonのタブレットなので、ショッピング、電子書籍、音楽、動画など、Amazonのサービスがとても使いやすくなっています。

初めて使用するときには、既にアカウントが紐づいているのですぐに使用可能です。

 

中でも下記サービスは抜群の使い勝手。

  • Kindle(電子書籍)
  • Primeミュージック、Music Unlimited
  • Primeビデオ

 

音楽を聴きながら本を読んだり、家で動画を見たり、プライム会員の方にはとても満足度の高いタブレットです。

さらに、動画や音楽を端末にダウンロードすることで、外出先などWi-Fi環境のない場所でも楽しむことができます。

 

MicroSDカードで容量を増やせる

Fire HD10には、MicroSDカードスロットが搭載されています。

対応している容量は最大で512GBまでと、かなりの容量を増やすことが可能です。

 

本体容量だけでは足りない。

という場合でも、簡単に容量を増やすことができるのは大きなメリットです。

 

機能制限で子供がいる方でも安心

機能制限で子供がいる方でも安心

Fire HD10には、子供がいる方でも安心して使えるように、特定の機能に制限を掛けることができます。

機能制限を設定することで、制限した機能を利用する際はパスコードが必要にしたり、利用できなくすることが可能です。

 

子供がいる方は、勝手に商品の購入されたり動画やアプリを使われたりといった経験がある方もいると思います。

そんなとき有効なのが「機能制限」です。

機能ごとにある程度細かく設定できるので、あなたの利用状況にあわせることができますよ。

 

Alexa搭載でハンズフリー操作ができる

Alexa搭載でハンズフリー操作ができる

Fire HD10には、Alexaが搭載されています。

そのため、ハンズフリーでの操作が可能になりました。

 

スタンドなどを使って立てておいた状態でも、声で指示を出すだけで動画や音楽を再生してくれます。

テレビなど他のAlexa対応デバイスと連携することで、声だけでいろいろな操作をすることが可能です。

 

機能・性能に優れ低価格とコスパが良い

Fire HD10の価格は、32GBモデルで15,980円です。

10.1インチの大型タブレットとしては、かなり安い部類になります。

 

それでいて、様々な機能が使え処理速度も優秀。

Google Payのアプリが使えないなどのデメリットはありますが、Fire HD10はかなりコスパのいいタブレットです。

 

 

Fire HD10のデメリット・注意点

実際に使ってみて感じたデメリットも紹介します。
デメリット・注意点
  • Amazonアプリのみで、Google Playが使えない。
  • iPadなどと比べると、動作がもっさりしている。
  • スピーカー、カメラはおまけ程度。
  • GPS機能がない。
  • 利用できるブラウザはSilkブラウザのみ。
  • 本体が大きく重たいので持ち運びしにくい。

Amazonアプリのみで、Google Playが使えない

FireタブレットはAndroidベースのOSですが、Google Playを利用することができません

そのため、Androidアプリをインストールできず、利用したかったアプリが使えないということがあります。

 

LINEやGoogle Mapなど、スマホでよく利用するアプリも使えないので、購入する前に利用できるアプリの確認をしておくようにしてください。

公式サイト

 

iPadなどと比べると、動作がもっさりしている

新しいFire HD10は、処理速度が向上しストレスなく利用できるようになりました。

しかし、iPadや高性能のAndroidタブレットと比べると、まだまだ動作はもっさりしています。

 

2万円以下で購入できるので、性能が劣ることは仕方のない部分です。

iPadなどのようにサクサク動くわけではないので、その点は理解しておくようにしてください。

 

スピーカー、カメラはおまけ程度

Fire HD10には、ステレオスピーカーとフロントとリアに2メガピクセルのカメらがついていますが、性能はさほど良くありません。

スピーカーとカメラは新しいFire HD10になっても変わっていない部分です。

 

低価格なので、スピーカーやカメラにまで高性能というのは求めすぎな気がしますので、おまけ程度と思っていた方がいいと思います。

 

GPS機能がない

Fire HD10には、iPadのWi-FiモデルのようにGPS機能が搭載されていません。

Cellularモデルはないので、カーナビやドラクエウォークなど、GPSを利用するアプリは利用できないデメリットがあります。

 

GPS機能はありませんが、Wi-Fiに接続することで位置情報サービスを利用することは可能です。

 

本体が大きく重たいので持ち運びしにくい

Fire HD10は、画面サイズが10.1と大画面のタブレットです。

画面が大きく見やすいのはいいのですが、本体が重く大きいので持ち運びしずらいのがデメリット。

 

fire hd10重量

fire hd10重量

 

単体で504g、純正ケースを付けると787gとなり、かなり重たいです。

携帯性を重視したい方は、ワンサイズ小さい8インチの「Fire HD8」を検討してみてください。

Amazon
¥8,980 (2019/11/11 21:21:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

利用できるブラウザはSilkブラウザのみ

Fireタブレットに標準で搭載されているブラウザは、「Silk」というブラウザです。

購入後、慣れているChromeなどに変えようと思っている人もいると思います。

 

ですが、FireタブレットではSilk以外のブラウザは、アプリストアにもなく利用することができません。

裏技的なことを使えば利用できるようなのですが、保証外の利用方法なので使わない方が得策です。

 

今のところ、新しいFire HD10は処理速度が向上したので、Silkブラウザでもそれほど気にならずに利用できています。

 

利用できる主な動画配信サービス

Fireタブレットで利用できる、主な動画配信サービスの一覧です。

プライムビデオをはじめ、Fireタブレットで動画配信サービスを利用したいという方は多いです。

僕もプライムビデオを観るのによく利用しています。

 

ですが、FireタブレットではAmazonアプリしか使えないため、利用できない動画配信サービスがあるのがデメリット。

そこで、現時点で利用できるものをまとめましたので、購入前に確認してみてください。

 

【主な動画配信サービスの利用可否】

動画配信サービスFire HD10での利用可否
プライムビデオ
U-NEXT
dTV
Hulu
Netflix
Paravi
FODプレミアム
ビデオパス
music.jp
mieru-TV
AbemaTV
DAZN
Disney DELUXE
Tver
GYAO!
TSUTAYA TV

※2019年10月30日現在の情報です。

 

Fire HD10カバーを使うメリット

個人的には、FIre HD10にカバーは必要だと感じています。

Fire HD10には、画面が大きく見やすいというメリットがある反面、本体が重く、しかも表面が少しつるつるしているので、しっかり持っていないと落としやすいというデメリットがあります。

 

ですが、保護カバーを使うことで、そのデメリットをカバーすることが可能です。

しかも、純正カバーであれば縦・横のスタンド機能もあり、手で持たなくても動画などが観れるメリットもあります。

 

Fire HD10純正カバー

Fire HD10純正カバー

 

さらに、純正カバーならカラーバリエーションが5色もあり、かっこよくしたり、かわいくしたりと、あなたのスタイルに合わせてカスタマイズ可能です。

デメリットとしては、カバーの重量282gもあり本体とあわせて787gにもなってしまうことと、価格が4,780円と高いこと。

 

FireHD10純正カバー重量

 

価格面は、純正以外のサードパーティー製カバーを購入する方法もあるので、価格が高いと感じた人はそちらを検討してみてください。

AMAZON
¥4,780 (2019/11/11 19:29:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

☟純正カバーの紹介記事はこちら

新型Fire HD10(2019)にカバーは必要?いらない?純正レビュー&おススメを紹介

 

Fire HD10アクセサリ一覧

カバー以外のアクセサリを紹介します。必要であればあわせて購入しておきましょう。

液晶保護ガラスフィルム(ブルーライトカット)

Fire HD10は画面が10.1と大きく、その分ブルーライトの影響も受けやすくなっています。

特にお子様に動画を見せたりする用途を検討中の方は、ブルーライトの対策はした方が得策です。

 

ガラスフィルムであれば画面の保護もしっかりできて一石二鳥。

Fire HD10とあわせて購入を検討してみてください。

 

MicroSDカード(最大512GBまで対応)

選択できる本体の容量は、32GBもしくは64GBです。

たくさん動画や音楽をダウンロードする方は、容量がなくなってしまうことがあります。

容量が足りなそうと考えている方は、あわせてMicroSDカードも購入しておきましょう。

 

事故保証:2年間 or 3年間

Fire HD10には、標準で1年間の限定保証が付いています。

※通常の使用において発生した破損・故障に限る。

 

それだけでは不安という方のために、2年間 or 3年間の延長保証(有料)のオプションが用意されています。

延長保証では、通常の保証+事故保証も付帯するため、より安心して利用可能です。

 

Fireタブレットシリーズ比較

Fireタブレットシリーズを簡単に比較してみました。
機種
Fire7

Fire HD8

Fire HD10
価格(2019年10月30日現在)¥5,980(8GB)
¥7,980(16GB)
¥8,980(16GB)
¥10,980(32GB)
¥15,980(32GB)
¥19,980(64GB)
ディスプレイサイズ7インチ8インチ HD10.1インチ HD
解像度1024 x 600 (171ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサクアッドコア1.3GHz、1GB RAMクアッドコア1.3GHz、1.5GB RAM2.0GHzオクタコアプロセッサ、2GB RAM
オーディオモノラルスピーカー、マイクDolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイクDolby Atmos、デュアルステレオスピーカー 、マイク
microSDカードスロットあり(512GBまで対応)あり(400GBまで対応)あり(512GBまで対応)
カメラ2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ
Wi-Fiデュアルバンド 
a/b/g/n
デュアルバンド 
a/b/g/n
デュアルバンド 
a/b/g/n/ac
バッテリー7時間10時間12時間
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重量286g369g504g

 

携帯性で言えば「Fire 7」、大画面で動画などを楽しみたいとなれば「Fire HD10」がピッタリだと思います。

「Fire HD8」は、その2つのいいとこどりをした万能型の機種なので、どれにしたらいいか悩んでいる方はFire HD8が無難です。

 

Firehd8、Firehd10大きさ比較

☝Fire HD8とFire HD10の大きさ比較

 

機種別おススメの人
  • Fire7:携帯性を重視したい。とにかく安いものがいい。
  • Fire HD8:画面の大きさも携帯性も重視したい。どれにしたらいいか悩んでいる。
  • Fire HD10:大画面で動画を観たり本を読みたい。動作が速い方がいい。

 

Amazon
¥5,980 (2019/11/12 00:06:07時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon
¥8,980 (2019/11/11 21:21:19時点 Amazon調べ-詳細)
【レビュー】Fire HD8タブレット(2018)/できること、カバー、比較など【Fire HD8タブレット(第8世代/2018)レビュー 】できること、比較、メリット&デメリットまとめ 【比較】Amazon Fireタブレットはどれがおすすめ?違いまとめ(7/HD8/HD10)【比較】Amazon Fireタブレットはどれがおすすめ?違いまとめ(7/HD8/HD10)

 

Fire HD10(第9世代)まとめ

まとめ

Fire HD10まとめ

【メリット・特徴】

  • 処理速度や機能が向上しスムーズでより快適に。
  • 大画面で動画や書籍が楽しめる。
  • 充電コネクタがUSB-Cになり高速充電ができる。
  • Amazon関連サービスが使いやすい。
  • MicroSDカードで容量を増やせる。
  • 機能制限で子供がいる方でも安心。
  • Alexa搭載でハンズフリー操作ができる。
  • 機能・性能に優れ低価格とコスパが良い。

 

【デメリット・注意点】

  • Amazonアプリのみで、Google Playが使えない。
  • iPadなどと比べると、動作がもっさりしている。
  • スピーカー、カメラはおまけ程度。
  • GPS機能がない。
  • 利用できるブラウザはSilkブラウザのみ。
  • 本体が大きく重たいので持ち運びしにくい。

 

今までのFire HD10は、動作ももっさりしていて動画専用機といったイメージでした。

使い方としては、動画視聴や本の閲覧(特に雑誌やマンガ)がメインになってくると思います。

 

しかし、新しくなったFire HD10は処理速度も向上し、ネットサーフィンやショッピングにもあまりストレスなく利用可能です。

携帯性はあまりないので、家での利用を想定している方には10.1の大画面が大活躍してくれますよ。

 

【レビュー Fire TV Stick 4K】使い方、機能、Fire TV Stickとの違いなど/Alexa搭載リモコン付属【Fire TV Stick 4K レビュー】できること、対応テレビ、Echo連携、画質、他製品との違いまとめ