【2018年版】EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方:画像最適化プラグイン

EWWW Image Optimizer(2018版)設定方法・使い方

こんにちは、いたるです。

あなたはブログを書くときに、アイキャッチやブログの見出しの下に画像を使っていますか?

使った方が見栄えもいいし、見やすくなるので、やっぱり使いたいですよね。

 

でもサイトを見ているとき、

「なかなか表示されない」

「サイトが重い」

と感じたことはありませんか?

表示が遅かったり、サイトが重かったりすると、イライラしてストレスが溜まりますよね。

最悪の場合、せっかく来てくれた読者が途中で見るのを止めてしまうことも。

 

サイトの表示速度に影響を与える、要因の1つが画像のファイルサイズです。

画像のファイルサイズが小さければ小さいほど、表示速度が速くすることができます。

 

そこで今回紹介するのが、「EWWW Image Optimizer 」という画像最適化プラグイン。

「EWWW Image Optimizer 」を使えば、誰でも簡単に最適化してサイトの表示速度を改善できます。

これから設定方法や使い方を解説していきますので、参考にしてみて下さい。

 

EWWW Image Optimizerとは?

EWWW Image Opptimizerは画像を劣化させることなく圧縮し、最適化できるWordPressのプラグインです。

EWWW Image Opptimizerの凄いところは、画像をアップロードするときに自動で最適化してくれるので手間がかからないこと。

しかもアップロード済みの画像も圧縮できて、さらに一度にまとめて全部の画像を圧縮することもできる、とても便利なプラグインなんです。

設定と使い方もカンタンで、詳しいことが分からない初心者でも利用できますよ。

 

EWWW Image Optimizerをインストールする

EWWW Image Optimizerをインストール

 

WordPressのプラグインの追加画面で「EWWW Image Optimizer」と検索してください。

検索結果に「EWWW Image Optimizer」が表示されますので、インストールし有効化します。

インストールはこれで完了です。

 

EWWW Image Optimizerの設定方法

EWWW Image Opptimizerの設定は、基本的に変更が必要なのは1か所だけなので、初心者でもカンタンにできます。

ダッシュボードの設定よりEWWW Image Opptimizerを選択して、設定画面を開いて下さい。

 

基本設定

基本設定

設定画面の基本設定を開いたら、メタデータを削除にチェックが入っているか確認して下さい。

ここにはデフォルトでチェックが入っていると思いますが、念のため確認します。

もし入っていなければチェックを入れるようにして下さい。

この設定をすることで画像についているメモなど、不要なテキストファイルが付いているときに、自動的に削除してファイルのサイズを削減してくれます。

 

変換設定

変換設定

設定画面から変換設定のタブを選択して下さい。

変換設定の一番上に表示されている、コンバージョンリンクの非表示にチェックを入れます。

チェックを入れた後は変更を保存クリックして、設定を保存して下さい。

 

この設定をすることで最適化の際に、「jpg」→「png」や「png」→「jpg」など、拡張子が自動的に変換されるのを無効にしてくれます。

なぜ設定するかというと、チェックをしていないと自動的に変換される場合があり、画質が低下する可能性があるからなんです。

 

その他の設定

その他の設定は、特に変更する必要はないのでそのままにします。

これでEWWW Image Opptimizerの設定は完了です。

 

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Opptimizerの使い方はとってもカンタン。

全く分からなくても、あっという間にできます。

 

画像の新規追加

新規追加で自動最適化

EWWW Image Opptimizerを有効化していると、新規で画像をアップロードしたときに自動で最適化してくれます。

何か追加ですることもなく、今までどおりアップロードするだけで完了です。

フリーソフトなどを使って、最適化してから追加するといった手間がかからないのは、すごい便利ですよね。

 

アップロード済み画像の一括最適化

EWWW Image Opptimizerでは、既にアップロード済みの画像も最適化することができます。

しかもまとめて処理できる、一括最適化の機能まであるんです。

この機能を使うと既にアップロードされている画像はもちろん、WordPressテーマの画像も最適化してくれます。

一括最適化を選択

まずダッシュボードより、メディア → 一括最適化を選択します。

 

すると一括最適化の画面になるので、最適化されていない画像をスキャンするを選択して下さい。

スキャンが終わったら最適化を開始をクリックして、最適化をスタートさせます。

 

無事、最適化が終われば完了です。

最適化の結果はメディアライブラリや、一括最適化画面の最適化画像を表示で確認することができますよ。

 

もっと画像を圧縮する方法

JPGファイルとPNGファイルに限られますが、もっと画像を圧縮してサイズを小さくすることができます。

オンライン画像圧縮サイト「compresspng.com」

オンライン画像圧縮サイト「compresspng.com」を利用することで、ファイルサイズを大幅に圧縮することができます。

参考 PNGイメージをオンラインで圧縮するcompresspng.com

日本語サイトもあるので分かりやすく、使用方法もドラッグ&ドロップでできるので簡単です。

 

compresspng.com 使用方法

画像圧縮

赤枠のところに圧縮したいファイルをドラッグ&ドロップして下さい。

一度に複数ファイルを指定することもできます。

 

画像圧縮2

ドラッグ&ドロップすると自動で圧縮がはじまります。

圧縮が終わると、圧縮率と一緒にダウンロードボタンが表示されるので、クリックしてダウンロードして下さい。

これで圧縮は完了です。

 

このとき圧縮したファイルは、

圧縮前:1.52MB  →  圧縮後: 451KB(0.451MB)

と、大幅に圧縮することに成功しました。

 

圧縮した画像は、「EWWW Image Optimizer」でさらに最適化が可能です。

WordPressの動きを軽くするためにも、あわせて利用することをおススメします。

 

まとめ:サイト表示を速くして、ユーザビリティーを改善

まとめ

サイトの表示速度は遅いと、訪問者は見るのをあきらめてしまいます。

そうならないためにも、表示速度の改善は必須事項です。

画像を圧縮してからEWWW Image Optimizerで最適化することで、ファイルサイズにかなり違いが出てきます。

使い方もかんたんなので、一度試してみて下さい。

 

それと画像のファイルサイズは、PNGよりもJPGの方が小さくなります。

PNGの方が画質がいいので、ファイルサイズが大きくなってしまうんです。

透過画像はPNG、それ以外はJPGと使い分けるとムダがなくなりますよ。

 

下記のサイトで表示速度を計測してくれるので、あなたのサイト表示速度を確認してみましょう。

表示速度計測サイト