お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】ロジクール MX Mechanical Mini(KX850C)癖になる心地よい打鍵感の薄型メカニカルキーボード

【レビュー】ロジクール MX Mechanical Mini(KX850C)癖になる心地よい打鍵感の薄型メカニカルキーボード

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

ロジクールMXシリーズから新しいメカニカルキーボード「MX Mechanical Mini

メカニカルには珍しい薄型で、滑らかな心地よいタイピングが特徴のキーボードです。

 

MX Mechanical Miniの魅力

  • 打鍵感が心地いい薄型メカニカルキーボード。
  • マットな質感で滑らかなタイピングができる。
  • 軸が3種類あり好みの打鍵感を選択できる。
  • 最大3台のデバイスとペアリングでき切り替えも簡単。

 

そこで、本記事では「MX Mechanical Mini(KX850C)」を実際に使って感じたメリット、デメリットなどを紹介していきたいと思います。

メカニカルタイプやテンキーレスキーボードを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

キーの軸が3種類ありますが、ここでは静音タクタイル(茶軸)で紹介していきます。

MX Mechanical Mini 基本情報


MX Mechanical Mini(KX850C)
価格(2022.6.30現在)18,700円(税込)
テンキーなし
対応OSWindows、mac、Chrome、Android
キー構造/デザインメカニカル
キーレイアウト88キー⽇本語レイアウト
キーピッチ19
キーストローク3.2
押下圧55
軸の種類クリッキー(青軸)
静音タクタイル(茶軸)
リニア(赤軸)
接続方法Bluetooth、Logi Bolt
※Unifying非対応
バックライト
最大接続台数3台
連続使用時間バックライトあり:最長15日間
バックライトなし:最長10ヵ月間
寸法312.6 x 26.1 x 131.55(㎜)
重量612g
付属品Logi Boltレシーバー
USB-C to USB-Aケーブル
カラーグラファイト(1色)
メーカー保証2年間

MX Mechanical Miniの外観

MX Mechanical Miniの外観

MX Mechanical Miniの外観

表面はアルミボディ、背面はプラスチックになっています。

キーはマット仕様で、指が滑りやすく滑らかなタイピングが可能です。

 

MX Mechanical Miniの外観

MX Mechanical Miniの外観

メカニカルには珍しい薄型のキーを採用。

メカニカルに馴染みのない方でも使いやすい形状になっています。

 

MX Mechanical Miniの外観

MX Mechanical Miniの外観

スタンドは0°と8°の2段階です。

 

MX Mechanical Miniの付属品

MX Mechanical Miniの付属品

付属品

  • Logi boltレシーバー
  • USB-C to USB-Aケーブル

充電ケーブルとLogi Boltレシーバーが付属しています。

充電アダプタは付属していないので、持っていない方は別途購入する必要があります。

 

【レビュー】ロジクール 静音マウス MX MASTER 3S/最新技術を搭載したフラッグシップモデル【レビュー】ロジクール 静音マウス MX Master 3S/最新技術を搭載したフラッグシップモデル

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

MX Mechanical Miniのメリット・特徴

まずは「MX Mechanical Mini」のメリット・特徴を紹介していきます。
メリット・特徴

  • 打鍵感が心地いい薄型メカニカルキーボード。
  • 表面は丈夫で高級感のある低炭素アルミニウム。
  • マットな質感で滑らかなタイピングができる。
  • 軸が3種類あり好みの打鍵感を選択できる。
  • アクションキーを自分好みにカスタマイズできる。
  • 最大3台のデバイスとペアリングでき切り替えも簡単。
  • PC、タブレット、スマホなど様々なOSに対応。
  • 自動で明るさを調整するバックライト機能。
  • 2年間のメーカー保証で安心。

打鍵感が心地いい薄型メカニカルキーボード

MX Mechanical Mini(茶軸)は、打鍵感が良く適度なクリック感もあるとても心地いいキーボードです。

メカニカルはゲーム以外ではほぼ使ってこなかったので、今までにない感覚でとても新鮮です。

まだ慣れない部分も多いですが、心地よい打鍵感がだんだん癖になってきているのを感じています。

 

表面は丈夫で高級感のある低炭素アルミニウム

MX Mechanical Miniのボディ(表面)は低炭素アルミニウムを採用。

そのため、丈夫で高級感のあるキーボードに仕上がっています。

背面はプラスチックですが、キーを最後まで押し込んだ時の音にも安っぽさは感じません。

 

マットな質感で滑らかなタイピングができる

キーの質感はマットな仕上がりになっており、適度に指が滑るのでとてもスムーズにタイピング可能です。

キーの色も2色に分かれており、タイピングするキーの場所を把握することもできます。

 

最大3台のデバイスとペアリングでき切り替えも簡単

MX Mechanical Miniの外観

MX Mechanical Miniは、パソコンやタブレットなど最大3台のデバイスとのペアリングを記憶しておくことができます。

さらに、キーボード左上の切り替えボタンで簡単に切り替えできるので、煩わしい操作などがなく快適です。

 

PC、タブレットなど様々なOSに対応

MX Mechanical Miniは、パソコンやタブレットなど様々なデバイスに対応しています。

そのため、WindowsとMacで別々のキーボードを使うといったこともなく、「MX Mechanical Miniは、」1つで完結することが可能です。

 

対応OS

  • Windows 10, 11 以降
  • macOS 10.15 以降
  • Linux
  • Chrome OS™
  • Android™

 

自動で明るさを調整するバックライト機能

MX Mechanical Mini

MX Mechanical Miniには、バックライトの明るさを調節する周辺光センサーが搭載。

そのため、部屋の明るさに合わせて自動でバックライトを調整し、常に見やすい状態を保ってくれます。

 

バックライトの効果も全部で6種類あり、好みのライティングに設定可能。

バックライトは手動で調整することや設定でオフにすることもできるので、状況に合わせて設定することもできます。

 

2年間のメーカー保証で安心

故障したときでも安心の2年間のメーカー保証付きです。

初期不良はもちろん、保証期間内の故障であれば対応してくれるので、安心して利用することができます。

 

 

【レビュー】ロジクール M650 Signature(レギュラー)フィット感抜群の静音ワイヤレスマウス【2サイズ展開】【レビュー】ロジクール M650 Signature(レギュラー)フィット感抜群の静音ワイヤレスマウス【2サイズ展開】

 

MX Mechanical Miniのデメリット・注意点

使っていて気になった点も紹介していきます。
デメリット・注意点

  • 薄型のコンパクトサイズだが持ち運びには少し不便。
  • Enterキーの横にキーが配置されている。
  • 初めての方は馴染むまで時間がかかる場合も。
  • Logi Bolt以外のレシーバーが使えない。

薄型のコンパクトサイズだが持ち運びには少し不便

メカニカルキーボードとしては薄型でかなりコンパクトなのですが、持ち運びする場合には少しかさ張ってしまいます。

専用のケースなど用意すれば問題ありませんが、PCケースに一緒に入れるといったことは難しいでしょう。

キーボードを持ち運びすることが多い場合は、携帯性がある「MX Keys Mini」がおすすめです。

【レビュー】ロジクール MX Keys Mini/テンキーレスになった最強キーボード【KX700】【レビュー】ロジクール MX Keys Mini/テンキーレスになった最強キーボード【KX700】

 

Enterキーの横にキーが配置されている

MX Mechanical Mini

MX Mechanical Miniはキー配置が独特で、Enterキーの横にもキーが配置されています。

特に気にならない方も多いと思いますが、僕が今まで使ってきたキーボードにはないキー配置。

そのため、タイプミスをすることもしばしば。

現状、慣れるまでの対策としてキーを無効にしています。

 

初めての方は馴染むまで時間がかかる場合も

上記で説明したキー配置のことなど含め、メカニカルキーボードを初めて使用する方は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

慣れてしまえば心地よい打鍵感が癖になってくるのですが、それまではなかなか良さがわからない場合も。

最初に合わないと感じても、しばらく使ってみると良さが分かってくるかもしれません。

 

Logi Bolt以外のレシーバーが使えない

以前からあるUNIFYINGレシーバーなど、Logi Bolt以外は互換性がありません。

互換性がないので、UNIFYING対応機器からLogi Boltへの接続も不可です。

 

☟フルサイズキーボードもラインナップされています。

 

MX Mechanical Miniまとめ

まとめ

MX Mechanical Miniまとめ

 

【メリット・特徴】

  • 打鍵感が心地いい薄型メカニカルキーボード。
  • 表面は丈夫で高級感のある低炭素アルミニウム。
  • マットな質感で滑らかなタイピングができる。
  • 軸が3種類あり好みの打鍵感を選択できる。
  • アクションキーを自分好みにカスタマイズできる。
  • 最大3台のデバイスとペアリングでき切り替えも簡単。
  • PC、タブレット、スマホなど様々なOSに対応。
  • 自動で明るさを調整するバックライト機能。
  • 2年間のメーカー保証で安心。

 

【デメリット・注意点】

  • 薄型のコンパクトサイズだが持ち運びには少し不便。
  • Enterキーの横にキーが配置されている。
  • 初めての方は馴染むまで時間がかかる場合も。
  • Logi Bolt以外のレシーバーが使えない。

 

僕も最初はキー配置や打鍵感になれず、なかなか良さが分かりませんでした。

ですが、使っていくうちにメカニカル特有の打鍵感が癖になってきました。

 

タイプミスが多くまだまだ慣れない部分もありますが、打ち心地は最高です。

静音タクタイル(茶軸)は音も小さく、作業の邪魔にならないと思います。

軸は他にもあるので、好きな軸のMX Mechanical Miniを選んでみてください。

 

 

【レビュー】ロジクール 縦型ワイヤレスマウス LIFT(M800)疲れにくくて快適な新感覚静音マウス【レビュー】ロジクール 縦型ワイヤレスマウス LIFT(M800)自然な姿勢で疲れにくいエルゴノミック静音マウス

 

☟動画で確認したい方はこちら