お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

軽量かつ洗練されたゲーミングマウス G502X LIGHTSPEEDをレビュー【ロジクール】

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

一度使ってみたかったゲーミングマウス「G502」がモデルチェンジ。

本記事では、その「G502X LIGHTSPEED」を実際に使ってみて感じたメリットやデメリットを紹介していきたいと思います。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

G502Xの魅力
  • 洗練されたデザインと持ちやすい形状
  • カスタマイズ可能な13個のボタン
  • 大幅に軽量化し操作性が改善
  • 最長140時間と長時間の使用も安心

 

 

【レビュー】ロジクール G705は手が小さい人におすすめゲーミングマウスだった

 

G502X LIGHTSPEED 基本情報

機種
G502X LIGHTSPEED
価格(2022年12月12日現在)¥19,360
接続方式LIGHTSPEED 2.0
センサーHERO 25K
センサー分解能100~25,600DPI
最大トラッキングスピード400IPS
最大検出加速度40G
RBGライトなし
ボタン数13個
電源内蔵リチウムイオン電池
連続作動時間最大140時間
サイズW79.2 × D131.4 × H41.1(㎜)
重量100g
カラーブラック、ホワイト
保証期間2年間

G502X LIGHTSPEEDの外観

G502X LIGHTSPEEDの外観

旧モデルよりも余分な部分が削ぎ落され、洗練されたデザインに。

 

G502X LIGHTSPEEDの外観

底面には大きめのソールがしっかりついています。

 

G502X LIGHTSPEEDの外観

左側にはボタンが3つ。

 

G502X LIGHTSPEEDの外観

両サイドに滑り止め加工が施されています。

 

G502X LIGHTSPEEDの付属品

G502X LIGHTSPEEDの外観

  • DPIシフトボタンカバー
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • LIGHTSPEED USB-Aレシーバー
  • USB延長アダプタ
  • 保証書

充電及び延長用のケーブル、アダプタ、レシーバーなど、必要なものは揃っています。

DPIシフトボタンカバーは、DPIシフトボタン(デフォルト時)を使用できなくするためのカバーです。

 

G502X LIGHTSPEED

それと、DPIシフトボタンカバーは左右入れ替えて取付でき、親指にあたる距離を変えることができます。

 

 

【レビュー】steelseries Apex Pro Mini JP/さらに早くコンパクトになった最強のゲーミングキーボード【レビュー】SteelSeries Apex Pro Mini JP/さらに早くコンパクトになった最強のゲーミングキーボード

 

楽天ポイントが貯まるポイ活サイト「楽天リーベイツ」
アプリダウンロードはこちら

G502X LIGHTSPEEDのメリット・特徴

メリット・特徴

メリット
  • 洗練されたデザインと持ちやすい形状
  • カスタマイズ可能な13個のボタン
  • 操作感を変更できるホイール
  • 大幅に軽量化し操作性が改善
  • 最長140時間と長時間の使用も安心
  • 2年間のメーカー保証で安心

洗練されたデザインと持ちやすい形状

G502X LIGHTSPEEDの外観

旧モデルよりもデザインが洗練され、見た瞬間「カッコいい」と感じたマウスです。

ゲーミングマウスはデザインよりも機能的な部分が優先されることが多いのですが、G502Xはデザインも優秀。

使っていてテンションが上がるマウスになっています。

 

さらに、右手に合わせた持ちやすい形状も特徴の一つです。

左右のくぼみや少し斜めになったボディなど、自然にマウスを握れる工夫が施されています。

 

もちろん、性能や機能に関しては現時点でトップクラスの技術を採用。

外観から性能まで、あらゆる面で優秀なゲーミングマウスになっています。

 

カスタマイズ可能な13個のボタン

G502Xにはカスタマイズ可能なボタンが13個も付いています。

キーボードだけでは足りない、マウス側で操作したいといった方に最適のマウスです。

ボタンの割り当ても自由度が高く、いろんなニーズに対応することができます。

 

操作感を変更できるホイール

ホイール下のボタンでホイールの操作感を「抵抗あり・なし」に変更することができます。

しっかり感触が欲しい、感触よりスムーズさが重要などのニーズに対応。

あまり重要な要素ではありませんが、ホイールスクロールに拘る方にとっては嬉しい機能だと思います。

 

大幅に軽量化し操作性が改善

従来モデルよりも約15g減の100gと、大幅な軽量化を実現。

操作性が格段にアップし、多ボタンマウスの弱点が改善されました。

重い分、安定感がありハイセンシ~ミドルセンシ向け。

ローセンシの方には少し扱いずらいマウスだと感じました。

 

最長140時間と長時間の使用も安心

フル充電での連続使用時間が最大140時間と、従来モデルよりも大幅にアップ。

電池残量を気にせずプレイに集中することができます。

 

2年間のメーカー保証で安心

メーカー保証が標準で2年間ついているので、初期不良などの不具合が出ても安心。

サポートもしっかりしているので、安心して購入することができます。

 

 

【レビュー】ロジクール G303SH/小型で操作性抜群のゲーミングマウス【SHROUDエディション】【レビュー】ロジクール G303SH/小型で操作性抜群のゲーミングマウス【SHROUDエディション】

 

G502X LIGHTSPEEDのデメリット・注意点

デメリット・注意点

デメリット
  • クリックが少し重い
  • 重く感じることが多々ある
  • 手が小さい人には大きい

クリックが少し重い

キースイッチが光学式になったこともあり、クリック感が少し重く持ち方によっては力が必要です。

その反面、誤クリックは減りますがしっかり押さないとクリックできないことも。

クリック感の軽いマウスを使っていた方は注意してください。

 

重く感じることが多々ある

重量が100gと昨今のゲーミングマウスでは重い部類になります。

軽くなったとはいえ、100gはやはり重く感じることも多く、特にローセンシの方には向いていない感じました。

軽い操作性を重視する方は注意が必要です。

 

手が小さい人には大きい

G502Xは「G PRO X」などの小さめのマウスより大きく、手が小さい方は握りずらいかもしれません。

僕は手が小さい方なので、エレコムのVM600PEを使用していますが、やはり少し大きいと感じました。

 

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

手持ちの他機種との比較(2022.12.12現在)

 

機種
VM600PE

G PRO X SUPERLIGHT

G502X LIGHTSPEED
価格(2022年10月24日現在)¥14,980¥18,810¥19,360
接続方式USB2.4GHz無線 / 有線両対応無線(LIGHTSPEED)無線(LIGHTSPEED)
センサーPixArt PAW3395DM + DsensorHERO 25KHERO 25K
センサー分解能100~26,000DPI(100DPI単位)100~25,600DPI100~25,600DPI
最大トラッキングスピード650IPS400IPS400IPS
最大検出加速度50G40G40G
ボタン数8個※ホイールボタン含む5個※ホイールボタン含む13個※ホイールボタン含む
連続作動時間最大95時間最大145時間最大140時間
サイズW66.5 × D123.5 × H42.0(㎜)W63.5 × D125 × H40.0(㎜)W79.2 × D131.4 × H41.1(㎜)
重量75g74g100g
カラーブラックブラック ブラック/ホワイト 
保証期間2年間 2年間2年間 

 

G502Xは、他と比べて重く操作性で劣る面があります。

その反面、安定感があり多ボタンというメリットがあるマウスです。

軽さ重視しないのであれば、完成度の高い素晴らしいマウスだと思います。

 

 

【レビュー】エレコム ゲーミングマウス VM600PE【レビュー】エレコム ゲーミングマウス VM600PE/軽くて握りやすい良いとこどりマウス

 

ロジクール G502X LIGHTSPEED まとめ

まとめ

VM600PEまとめ

【メリット・特徴】

  • 洗練されたデザインと持ちやすい形状
  • カスタマイズ可能な13個のボタン
  • 操作感を変更できるホイール
  • 大幅に軽量化し操作性が改善
  • 最長140時間と長時間の使用も安心
  • 2年間のメーカー保証で安心

 

【デメリット・注意点】

  • クリックが少し重い
  • 重く感じることが多々ある
  • 手が小さい人には大きい

 

今まで70g~80gのゲーミングマウスを使用してきたため、約100gある「G502X LIGHTSPEED」は重く感じました。

重量がある分安定感はありますが、ローセンシ方にはあまりメリットはないかもしれません。

 

ですが、掴みやすく手にフィットする形状、多ボタン、最長140時間の連続使用など、優れた面もたくさんあります。

手が小さくローセンシの僕にはあまりフィットしませんでしたが、性能・機能ともにトップクラスのマウスであることに間違いありません。

 

 

↓動画で確認したい方はこちら