ポイ活におすすめのポイントサイトをチェック

新型Kindle(2022/第11世代)をレビュー/軽く小さく進化したエントリーモデル【他機種とも比較】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」に新モデルが登場。

エントリーモデルがより使いやすく進化しました。

 

Kindleの魅力

  • 読書に集中できる専用端末
  • 屋外でも暗い場所でも快適
  • ハイライトや検索・辞書など便利な機能がある
  • コンパクトかつ長時間利用で持ち運びに最適

 

今回は、そんな「Kindle」を早速購入したので紹介していきたいと思います。

実際に使って感じたことも書いていますので、気になっている方は読んでみてください。

 

↓動画で確認したい方はこちら

 

 

この記事を書いている人
プロフィール背景画像
プロフィール画像

いたる

ポイ活歴20年越え。これまでの経験からおすすめのポイ活を紹介しています。FP2級簿記3級などお金に関する資格も取得。暮らしのお役立ち情報や商品レビューなど、読者の役に立つような情報の発信を心がけています。






Kindle(第11世代)の基本情報


Kindle
価格(2022.10.16現在) ¥10,980※1
モデル(世代) 2022年(第11世代)
ディスプレイ 6インチ反射抑制スクリーン
容量 16GB
解像度 300ppi
サイズ 157.8 x 108.6 x 8.0(mm)
重量 158g
防水性能
色調調節ライト
明るさ自動調整機能
バッテリー 1回の充電で最大6週間利用可能 ※2
付属品 USB-Cケーブル、クイックスタートガイド
保証 1年間 ※3

※1 広告付き・Wi-Fiモデル。広告なしはプラス2,000円。
※2 明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合。
※3 オプションで延長可能(有料)。

Kindleの外観

Kindleの外観

ディスプレイは6インチで枠とフラットにはなっていません。

 

Kindleの外観

背面はプラスチックで少し滑りやすくなっています。

 

Kindleの外観

底面に充電ポートと電源ボタン。

 

Kindleの外観

重量は154gと旧モデルよりも約20g軽量化。

 

Kindleの付属品

Kindleの付属品

付属品は充電ケーブルのみです。

充電ケーブル用のアダプタは付属していませんので、必要な方は合わせて購入してください。

 






Kindle(第11世代)のメリット・特徴

[prpsay img=”https://mixart.jp/wp-content/uploads/2020/02/itaru.jpg”]ここからは「Kindle」のメリット・特徴を紹介していきたいと思います。[/prpsay]

メリット・特徴

  • 軽くコンパクトに見やすく進化
  • 読書に集中できる専用端末
  • 屋外でも暗い場所でも快適
  • ハイライトや検索・辞書など便利な機能がある
  • コンパクトかつ長時間利用で持ち運びに最適
  • たくさんの本を一度に持ち出せる

軽くコンパクトに見やすく進化

旧モデルよりも軽くコンパクトになった新型Kindle。

解像度も他機種と同じ300ppiになり、見やすくなりました。

 

その他に、ストレージ容量も標準で16GBと拡大。

たくさんの本を気軽に持ち出せるようになりました。

 

主な変更点

  • サイズが小さくなった
  • 重量が約20g軽くなった
  • 解像度が他機種と同じ300ppiに
  • ストレージ容量が16GBにアップ
  • バッテリー持ちが最長6週間に向上
  • 価格が2,000円アップ

 

読書に集中できる専用端末

スマホやタブレットでも電子書籍を利用することはできます。

ですが、Kindleならスマホやタブレットのように通知などが来ることがありません。

Kindleは読書だけに集中することができる「読書専用端末」なんです。

 

屋外でも暗い場所でも快適

光の反射を抑えたディスプレイのおかげで、屋外などの光が強い場所でも問題なし。

さらに、ダークモードも搭載されており、暗い室内でも読書を楽しむことができます。

 

ハイライトや検索・辞書など紙の本にはない便利な機能がある

紙の本では栞などを使わなければ、どこまで読んだかを把握することが難しいです。

ですが、Kindleなら読むのを辞めたところから自動的に再開可能。

 

さらに、文章をマークできるハイライトやブックマーク機能があるので、気になった文章やページへ簡単に移動することができます。

目次ごとにも移動できるので、読み返しや読み直しも簡単です。

 

辞書ツールもあるので、読めない漢字や意味の分からない単語などをKindle上で調べることができます。

その都度スマホなどで検索する必要もありません。

 

コンパクトかつ長時間利用で持ち運びに最適

Kindleは、1回のフル充電で約6週間の利用が可能です。

コンパクトで携帯性もあるので、旅行や長期出張などと相性抜群。

カバンの中に入れっぱなしでも問題ないおすすめアイテムです。

 

たくさんの本を一度に持ち出せる

紙の本だと一度にたくさんの本を持っていくのは大変。

ですが、Kindleなら持っていくのは本体のみと、いくつ本をダウンロードしたとしても簡単に持ち出せるんです。

長期間の旅行や出張など、たくさん本を読みたい場合などに大活躍してくれますよ。

 

 

Kindle(第11世代)のデメリット・注意点

[prpsay img=”https://mixart.jp/wp-content/uploads/2020/02/itaru.jpg”]使っていて気になったところも紹介していきます。[/prpsay]

デメリット・注意点

  • Wi-Fi環境がないと利用できない
  • 防水仕様ではない
  • Kindle本を読む・購入するしかできない
  • 背面がプラスチックなので滑りやすい
  • 動作が快適とは言えない

Wi-Fi環境がないと利用できない

Kindleは、Wi-Fi環境がないと利用できません。

有線のインターネット環境だけでは利用できないので、購入前にWi-Fiのワイヤレス環境を構築しておきましょう。

 

防水仕様ではない

Kindleは防水仕様ではないため、プールやお風呂など水のかかる場所での使用は推奨されていません。

防水タイプが良い場合は、「Kindle Paperwhite」を検討してみてください。

新型Kindle Paperwhite 2021 第11世代 【レビュー】新型Kindle Paperwhite(2021/第11世代)さらに大きく快適になった電子書籍リーダー【シグニチャーモデルとの違いも】

 

Kindle本を読む・購入するしかできない

Kindleは本を読むことに特化しているので、本を読む・購入するくらいしかできることがありません。

スマホやタブレットなどのように、他にも機能があると思っていた方は注意してください。

【レビュー】新型Fire7タブレット(第12世代/2022)いろんな用途に使えるコスパ最強タブレット 【レビュー】新型Fire7タブレット(第12世代/2022)いろんな用途に使えるコスパ最強タブレット

 

背面がプラスチックなので滑りやすい

Kindle第11世代2022

背面がプラスチックのため、少し滑りやすくなっています。

ロゴマークも切り抜きみたいになっており引っかかることがあるので、気にある方はカバーの使用を検討してみてください。

 

動作が快適とは言えない

Kindleはタブレットのように動作がスムーズではありません。

お世辞にも快適とは言えないので、快適な動作を重視する方は「Fire7」などのタブレットを検討してみてください。

【レビュー】新型Fire7タブレット(第12世代/2022)いろんな用途に使えるコスパ最強タブレット 【レビュー】新型Fire7タブレット(第12世代/2022)いろんな用途に使えるコスパ最強タブレット

 

 






Kindle(第11世代)の純正アクセサリ

[prpsay img=”https://mixart.jp/wp-content/uploads/2020/02/itaru.jpg”]必要に応じて選択可能な純正アクセサリを紹介します。[/prpsay]

Amazon純正カバー

Kindle用純正カバー

Kindle用の純正カバー(ケース)です。

ファブリック素材なので水にも強く、Kindleの特性を生かしたまま保護することができます。

※水に強い素材ですが防水ではありません。

 

kindle用純正カバー

しかし、カバーを付けることで約100g重くなるので、もの差が気になる方は使いずらさを感じることも。

ですが、個人的な意見としてはそれ以上にいろんな面で使い勝手が良くなると感じています。

Kindleの保護にもなるので、気になる方はあわせて購入を検討してみてください。

 

【レビュー】新型Kindle Paperwhiteにカバーは必要?いらない?純正&おすすめを紹介【第11世代/2021】 【レビュー】新型Kindle Paperwhiteにカバーは必要?いらない?純正&おすすめを紹介【第11世代/2021】

 

保護フィルム

Kindleの表面を保護してくれるフィルムです。

カバーを使わない方は、保護フィルムを使った方が安心です。

 

充電アダプタ―

Amazon
¥1,980
(2024/05/26 16:26:24時点 Amazon調べ-詳細)

Kindleには電源アダプタ―が付属していません。

スマホの充電器でも代用できますが、それ以外に持っていない場合は合わせて購入することをおススメします。

 

延長保証

Kindleには、1年間の限定保証が付いています。

ですが、それでは不安だという方向けに、自然故障・不具合の延長保証と偶発的な事故の事故保証の追加が可能です。

Kindleを安心して利用したい方は検討してみてください。

 

他製品との比較(2023.2.2現在)

[prpsay img=”https://mixart.jp/wp-content/uploads/2020/02/itaru.jpg”]「Kindle Paperwhite」と他のKindle端末をカンタンに比較してみました。[/prpsay]

製品名
Kindle

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite シグ二チャーエディション

Kindle Oasis
価格※1 ¥10,980 8GB:¥16,980
16GB:¥17,980
¥19,980 8GB:¥29,980
32GB:¥32,980
画面サイズ 6インチ 6.8インチ 6.8インチ 7インチ
解像度 300ppi 300ppi 300ppi 300ppi
容量 16GB 8GB / 16GB 32GB 8GB / 32GB
フロントライト LED 4個 LED 17個 LED 17個 LED 25個
充電ケーブル USB-C USB-C USB-C Micro-USB
数週間持続バッテリー
フラットベゼル
防水機能
色調調節ライト
明るさ自動調整機能
自動画面回転機能
ページ送りボタン
(2色)
重さ(Wi-Fi) 158g 206g 207g 188g

※1 広告付き・Wi-Fiモデル。広告なしはプラス2,000円。

Kindle Paperwhiteは、ラインナップの中で中間の仕様になっています。

予算や機能を天秤にかけると思いますが、どれを選んでいいか分からない場合は、予算と機能のバランスがいい「Kindle Paperwhite」が無難です。

 

試しに使ってみたいから予算を抑えたいという方は「KIndle」。

高機能な製品で読書を楽しみたいという方は「Kindle Oasis」。

防水などの機能も欲しいけど予算を抑えたいという方は「Kindle Paperwhite」。

といった感じで決めるのがいいと思います。

 

Kindle第11世代2022

 

左:新型Kindle 右:Kindle Paperwhite

 

 






Kindle(第11世代)セール情報

[prpsay img=”https://mixart.jp/wp-content/uploads/2020/02/itaru.jpg”]Kindleは、Amazonでセール価格で販売されることがあるよ。[/prpsay]

【過去のセール価格情報】

セール名(開催日) セール価格(割引率)
ブラックフライデー
(2022年11月?)
¥〇〇〇
初売りセール
(2023年1月?)
¥〇〇〇

 

Kindle本体は、Amazonのビッグセール時に対象機種は変わりますが毎回セール価格になっています。

欲しい方は、ビッグセールのタイミングを狙うとお得に購入できるかも。

 

ビッグセール以外でも安くなっているときがあるので、都度チェックしてみてください。

Amazon Kindle本体のセールはいつ?2019最新&過去のセールまとめ(Paperwhite,oasis)) 【2024】Amazon Kindle本体/端末のセールはいつ?最新&過去のセールまとめ(Paperwhite,Oasis,Scribe)

 

お得なタイムセールは毎日開催中

お得な商品がたくさん!

 

Kindle(第11世代)まとめ

まとめ

Kindleまとめ

【メリット・特徴】

  • 軽くコンパクトに見やすく進化
  • 読書に集中できる専用端末
  • 屋外でも暗い場所でも快適
  • ハイライトや検索・辞書など便利な機能がある
  • コンパクトかつ長時間利用で持ち運びに最適
  • たくさんの本を一度に持ち出せる

 

【デメリット・注意点】

  • Wi-Fi環境がないと利用できない
  • 防水仕様ではない
  • Kindle本を読む・購入するしかできない
  • 背面がプラスチックなので滑りやすい
  • 動作が快適とは言えない

 

Kindleは電子書籍を読むことに特化した製品です。

実際のインクを使用したディスプレイ、目に優しいフロントライトなど紙の本に近い韓赤区で読書をすることができます。

しかも、本体の重量が154gと軽量。

価格が1万円を超えてしまいましたが、まだまだコスパは優秀です。

初めての電子書籍やプレゼントにおすすめのアイテムになっています。