【MFクラウド/青色申告】クラウド会計ソフトで帳簿付けなど面倒な確定申告がラクなる!個人事業主向け

【個人事業主/MFクラウド】確定申告は会計ソフトを使った日々の帳簿付けで楽になる。

こんにちは、いたるです。

個人事業主の方の確定申告は、白色か青色で申告する必要があり、白色はまだしも税額控除の優遇がある青色申告の場合、帳簿付けが複雑で1年分の資料集めや仕訳作業がとても大変で面倒な作業になってきます。

しかも、その作業をため込んでしまっていた場合は、もっと大変になってしまいます。

年1回とはいえ、この面倒な作業をラクにできたらいいなと感じているのではないでしょうか?

そうなんだよね。いい方法ないの?
実は、あるものを使うことでその作業をすごくラクにできるんだ。

面倒な確定申告をラクにするには?

まず、確定申告の流れから、なぜ作業が大変になるかを説明していきます。

確定申告の流れ

確定申告の流れ

確定申告期間の2月16日~3月15日の間に確定申告書を作成し、税務署に提出する必要があります。

作業が大変になる理由

青色申告の際には、1年間の取引を複式簿記により記帳し、それに基づいて貸借対照表及び損益計算書を添付し、確定申告書を提出することで、65万円の税額控除を受けることができます。

この複式簿記による記帳や仕訳作業、それに加え、貸借対照表と損益計算書の作成がなんといっても大変な作業です。

「決算整理で資料を集め、仕訳し、決算書を作成する」

この作業をいかに削減することができるかが鍵になってきます。

作業を減らし、ラクにするには

この大変な作業を減らすために必要なことは、

  • 面倒な日々の帳簿付けや仕訳作業を削減する
  • 手作業による入力・管理を減らす
  • 可能な限り自動化する

などが考えられます。

作業をラクにするには、現状の作業をできるだけ簡素化し、自動化できるものは自動化していく必要があります。

確定申告の作業は、どうしても2月~3月に集中してしまいバタバタしていしまいます。確定申告をラクにするためには、短期間にまとめてやろうとするのではなく、日々コツコツと処理していくことがとても重要になります。

でもどうすればいいの?
そこで「クラウド会計ソフト」を使うんだ。

そのクラウド会計ソフトを使用することで、面倒な作業を簡素化し、さらに自動化することもできるようになります。

次からは、個人事業主におすすめのクラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」を基に、導入した時のメリットなどを説明していきます。

クラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」とは、

MFクラウド

MFクラウド確定申告とは、インターネットにつながっていれば、時間、場所、端末を選ばずに利用ができるクラウド型の会計ソフトです。

クラウドとは、PCや携帯など特定の端末ではなくインターネット上にデータを保存するサービスのことを言います。

従来のインストール型の場合、PCにソフトウェアをインストールして使用するため、特定のPCでしか作業・管理ができませんでした。

しかし、クラウド型であれば、IDとパスワードでログインできるので、どの端末からでも作業・管理が可能になります。

運営会社は家計簿アプリで有名なマネーフォワードだよ。

MFクラウドの導入メリット

自動化による面倒な作業の削減

MFクラウド・自動仕分

銀行やクレジットカードや様々なサービスとデータを連携することで明細を自動で取得。さらに、取得した明細から推測し自動で勘定科目を仕分けしてくれます。

勘定科目があっていれば、そのまま仕訳登録ボタンを押すだけで仕分けができます。間違っている場合は、修正してから登録をすることができます。

データの連携により、面倒な入力・仕訳作業を大幅に減らすことができ作業効率がグッと上がります

MFクラウドでデータ連携できる金融関連サービスは全部で3,626件と国内No.1の対応数となっているので、ほとんどのサービスと連携が可能です。(2017年7末時点)

登録した仕訳データから青色申告書確定申告書も自動で作成してくれるので、面倒な作業がほどんど自動化できるようになります。

いつでもどこでも利用できる

IDとパスワードでログインできるので会社のパソコンがなくても、外出先や自宅など時間・場所を問わず利用ができます。

さらに、リアルタイムにデータ共有が可能なので、レポートの作成・データ管理など業務の効率化が図れます。

共有するメンバーごとに「⼊⼒のみ」、「閲覧のみ」など、アクセス権限を設定できるので利用者を限定することも可能です。

消費税など法令改正も無料で対応

2019年10月の消費税が10%に改定されるときなど、法令改正時のアップデートも無料で対応してくれるので、費用が掛けずに変更・修正などの余計な作業を減らすことができます。

強固なセキュリティーで安心

利用者のデータを暗号化するなど、金融機関と同等のセキュリティでデータを守ってくれます。

情報が漏れてしまうなどの不安を解消し、安心して利用することができます。

大切なデータをしっかり守ってくれるのはとても重要です。

電話やメールで相談ができる

MFクラウド・サポートページ

電話サポート、メールサポート、チャットサポートと、サポート体制が整っているので分からないことなど困ったときにすぐ相談できます。

会計初心者の方など、あまり知識のない方でも安心して利用することができます。

MFクラウドを使うとこんなに楽にできるんだね!

MFクラウド・料金プラン

MFクラウド・料金プラン

MFクラウドでは、3つの料金プランが用意されています。

プランごとに利用できる内容が変わってきます。

フリープラン

フリープランは、利用料金が無料のプランです。

仕訳件数が年間50件しか登録できないので、仕訳が年間50件以内の方や試しに使ってみたいという方向けのプランです。

電話サポート、仕訳データのエクスポートが利用できず、チャットサポートも登録から30日間のみとなります。

ベーシックプラン

月額800円有料プランです。年間契約をすることで1ヶ月分お得な料金で利用できます。

仕訳件数が年間50件を超える方や、困ったときにメール・チャットサポートを利用したい方向けのプランです。

電話サポートは利用できません。

あんしん電話サポート付きベーシックプラン

年間契約のみの有料プランです。料金は年額17,200円となっています。

他のプランでは利用できない電話サポートに対応しているので、分からないところをすぐに解決したい方や利用するにあたって不安が大きい方など向けのプランです。

利用状況にあわせてプランを選ぼう。

他社確定申告ソフトから乗り換えができる

MFクラウドでは、他社会計ソフトからの「勘定科目」、「開始残高」、「仕訳」データのインポートに対応しているので、簡単にMFクラウドへ乗り換えができます。

乗り換え可能なところ・弥⽣会計 ・会計王 ・勘定奉⾏
・やるぞ!青色申告 ・freee
・JDL ・PCA ・財務応援
・ミロク ・A-SaaS ・CASH RADAR

最後に

クラウド会計ソフトの導入することで、今まで面倒だった作業をラクにすることができます。

しかも、ただ楽になるだけではなく、確定申告の仕訳作業を日々コツコツ行うことで、事業の収支状況が可視化でき、さらには、経営状況の把握・改善にも繋げることができます。

確定申告の作業に悩んでいた方もそうでない方にもおすすめの会計ソフトです。

よし。会計ソフトを使って効率よく作業するぞ!
無料で試すこともできるので是非利用してみて下さい。