サイバーマンデーセール開催中!目玉&おすすめ商品情報はこちら

Surface Pro4 画面のちらつき症状は無償交換対象:その手順と注意点を解説【購入後最長3年】

Surface Pro4 画面のちらつき不具合:無償交換対応の手順と注意点

こんにちは、いたるです。

僕は買い物したり、このブログを書いたりするときに、Surface Pro4を愛用しています。

ですが使い始めて約3年が経とうとした頃に、画面に線が入り、画面がちらつく症状が現れたんです。

しばらくそのままにしていたら、さらに症状が悪化。

まともに表示できない状態になり、まだ3年も使ってないのにもう故障!?と、かなり焦りました。

 

この記事を読んでるあなたも、同じ症状が出ているのではないでしょうか?

でも故障したと諦めるのはまだ早いです。

今回の画面がちらつく症状は、無償交換対応をしてもらえる可能性があるんです。

無償交換までの手順
  1. 画面のちらつき症状の確認
  2. 問い合わせ前の事前準備
  3. カスタマーセンターへ問い合わせる
  4. データのバックアップを取る
  5. Surfaceを初期化する
  6. Surfaceを梱包して発送する
  7. 代替機が送られてくる

このページでは、その無償交換までの手順と注意点を紹介していきたいと思います。

同じ症状で困っている方は、参考にしてみて下さい。

 

無償交換の条件

Microsoftのサポートページで、Surface pro4の画面ちらつきに対する、無償交換の内容が公開されています。

Microsoftサポート:Surface Pro 4 の画面がちらつく、または乱れる

記載されている無償交換の条件をまとめました。

  1. デバイスがSurface Pro4であること
  2. 購入後3年以内であること
  3. 最新の更新プログラムがインストールされた状態でも、画面ちらつきの症状が出ること

通常のサポート期間は購入後1年間ですが、画面のちらつきに関しては3年間に延長されています。

 

画面のちらつき症状の確認

あなたが使っているSurface Pro4に、

・画面のちらつきがあること

・最新の更新プログラムがインストールされていること

をもう一度確認して下さい。

 

Windows Updateで「お使いのデバイスは最新の状態です」と表示されていれば、最新の更新プログラムがインストールされている状態です。

インストール状況は、 スタートボタン設定更新とセキュリティWindows Update更新プログラムのチェックで確認できます。

 

問い合わせ前の事前準備

症状が確認できたら、次はMicrosoftのサポートへ問い合わせます。

ですが、その前に下記を確認、準備しておきましょう。

事前に準備することで、スムーズに進めることができますよ。

問い合わせ前の事前準備
  1. Surface Pro4の製造番号を確認する。
  2. Microsoftアカウントを確認する。
  3. 住所、電話番号、メールアドレスを確認する。
  4. メモとペンを用意する。

 

Surface Pro4の製造番号を確認する

問い合わせ時に製品の特定で、Surfaceの製造番号を確認されます。

製造番号はキックボードを開いた、本体の底部にある12ケタの番号です。

 

Microsoftアカウントを確認する

問い合わせ時に本人確認の1つとして、Officeで利用しているMicrosoftアカウントを確認されます。

Microsoftアカウントは、Surfaceを利用する際に登録したアカウントなので、おそらくメールアドレスで登録していると思います。

もし忘れてしまった場合は、こちらを参考にしてみて下さい。

 

あとは送り主の確認と連絡先の確認で、住所と電話番号とメールアドレスを聞かれるので、暗記していない方はメモしておいて下さい。

オペレーターとのやり取りをメモするために、メモとペンも忘れないようにしましょう。

 

カスタマーセンターに問い合わせる

準備が完了したら、カスタマーセンターに問い合わせます。

問い合わせ先

Microsoft グローバルカスタマーサービス

 

☏0120-54-2244

 

問い合わせ可能時間:平日9:00~18:00、土日10:00~18:00

 

念の為、公式サイトでも確認して下さい。

問い合わせ時の手順

電話をかけると自動音声で案内されるので、下記のように番号を選択して進んで下さい。

1 → 4 → 1

1⃣ 有償または無償のパソコンの使い方、サポートについて

 

 

4⃣ タブレット製品のSurfaceおよびSurface用のアクセサリ

 

 

1⃣ サーフェス製品を購入いただいてから1年未満の方 

 

最後の項目のときに「2⃣購入してから1年以上過ぎている方」という選択肢もあるのですが、購入後1年以上経っていても、「1⃣サーフェス製品を購入いただいてから1年未満の方」を選択してください。

ここで「2⃣購入してから1年以上過ぎている方」を選択すると、保障期間が切れてますとなってしまい、オペレーターへつないでもらえません。

 

問い合わせ中にすること

オペレーターにつないでもらったら要件を聞かれるので、画面のちらつきの不具合の件を伝えましょう。

僕の場合は、

画面に線が入ったり、ちらつきが出たりでまともに映らなくなりました。
画面のちらつきは3年間延長保証となりますので、無償交換対応いたします。

といった感じで、細かく聞かれることなく無償交換対応となりました。

画面のちらつきは結構でている不具合のようですね。

 

上記のように無償交換対応となった場合は、今後の手順を教えてくれますので、やり取りをしっかりメモするようにしましょう。

特にSurfaceを発送する際の注意点と、送り状に記載する「受付番号」は必ずメモして下さい。

発送先などは後で、伝えたアドレスにメールを送ってくれます。

 

Surfaceを送る前にやっておくこと

オペレーターとのやりとりが終わったら、後はSurfaceを送るだけなんですけど、その前にやっておかなければいけないことがあります。

データのバックアップを取る

不具合が出たSurfaceは交換となるため、今保存されているデータは消えてしまいます。

交換機にデータは移行してくれないので、必要なデータのバックアップを取ることが必要です。

主なバックアップ方法
  • 外付けHDD、SSDに保存する。
  • クラウドサービスに保存する。
  • Blu-rayディスクに保存する。

 

あなたのSurfaceに保存されているデータ量にもよりますが、

  • 25GB以上:外付けHDD・SSD、有料のクラウドサービス、Blu-rayディスク
  • 25GB未満:クラウドサービス、Blu-rayディスク

といった感じで対応できると思います。

 

データ量が多い場合はHDDやSSDが簡単ですが、持っていない場合は別途購入が必要です。

一時的な保存なのでHDDやSSDを購入するよりも、クラウドサービスの有料プランを利用した方がいいかもしれません。

 

データ量が少ない場合はクラウドサービスへ保存するのが、一番早くて簡単だと思います。

いくつかのクラウドサービスを使えば、無料プランでも対応可能です。

 

この機会に不要なファイルなど、整理するのもいいかもしれませんね。

僕の場合は写真、動画、必要なファイルをあわせて15GBくらいだったので、いくつかのクラウドサービスを使って保存しました。

主なクラウドサービスと容量(無料プラン)

 

Surfaceを初期化する

代替機にはデータなどは移行されないので、初期化は必ずしも必要ではありません。

ですが個人情報が詰まっているので、できれば初期化しておいたほうがいいです。

Microsoftでも初期化を推奨しています。

初期化の手順
  1. スタートボタン設定更新とセキュリティ回復の順に選択。
  2. このPCを初期状態に戻す開始を選択。
  3. すべてを削除するを選択。
  4. ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行するを選択すれば初期化が始まります。

 

公式サポートにもバックアップと初期化方法が記載されています。

 

Surfaceを梱包して発送する

発送する前の準備が終わったらSurfaceを発送するので、発送方法や注意点、梱包方法を説明します。

発送方法

問い合わせたときに聞いた送り先に、指定の発送方法で送ります。

僕の場合は、ゆうパックの着払い指定でした。

メールでも送り先と発送方法は連絡が来るので、それを確認しても大丈夫です。

発送は郵便局かコンビニでできます。

行く時間がない場合は、郵便局に依頼すれば集荷もしてくれますよ。

 

発送時の注意点

  1. Surface本体のみで送る。
  2. いらない箱でしっかり梱包する。
  3. 箱に「こわれものシール」を貼る。
  4. 品名に受付番号を記入する。

梱包した箱、ペン、アクセサリなどの付属品は、返送の際は戻ってきません。

ですのでSurface本体のみを、いらない箱を使って送るようにしてください。

 

輸送時に画面が割れてしまったりして修理が必要になった場合、別途費用が発生する可能性があります。

しっかり梱包して「こわれものシール」を貼るようにしましょう。

問い合わせ時に聞いた「受付番号」を、送り状の品名のところに記載してください。

 

梱包方法

どう梱包したらいいか分からない人のために、梱包方法の例を紹介します。

1.Surfaceをプチプチで包む

Surfaceをプチプチで包む

傷つかないようにプチプチで包んでください。

プチプチはホームセンターなどで購入できますよ。

 

2.箱に新聞紙を敷く

緩衝材として、段ボール箱に新聞紙を敷いて下さい。

 

3.箱にSurfaceを入れ、新聞紙を被せる

箱にSurfaceを入れ、新聞紙を被せる

新聞紙を敷いたらSurfaceを入れて、その上に新聞紙を被せてください。

この時にプチプチで包んだSurfaceを、袋などに入れておくと安心です。

 

4.梱包テープでしっかり閉じる

最後に、梱包テープやガムテープで閉じれば完了です。

 

代替機が送られてくる

不具合が出たSurfaceを発送した後、通常通りだと10日間前後で代替機が到着します。

僕は10月3日に発送して、10月13日に届きました。

 

このとき代替機は新品ではなく、メンテナンスしたリフレッシュ品が送られてきます。

代替機が届いたら、初期設定をしてバックアップしていたデータを入れれば完了です。

 

代替機が後継機種で得した気分に

すべてのケースに当てはまるかわかりませんが、送られてきた代替機が後継機種のSurface Pro(2017)でした。

不具合が出たときは「ついてないなぁ」と思いましたが、バッテリーの持ちなど、性能がアップした機種に代わっていたので、最終的にはすごい得した感じです。

 

まとめ:画面のちらつきは3年間の延長保証

まとめ

無償交換までの手順
  1. 画面のちらつき症状の確認
  2. 問い合わせ前の事前準備
  3. カスタマーセンターへ問い合わせる
  4. データのバックアップを取る
  5. Surfaceを初期化する
  6. Surfaceを梱包して発送する
  7. 代替機が送られてくる

Surface Pro4の画面のちらつきは、3年間の延長保証対応の症状です。

不具合の症状がひどくなる前に、できるだけ早くカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

通常の1年保証が過ぎている方も、諦めず問い合わせすることをおススメします。