お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】EPOS/ゼンハイザー GSP500/機能・デザイン性を兼ね備えた高音質ゲーミングヘッドセット

【レビュー】EPOS/ゼンハイザー GSP500/機能・デザイン性を兼ね備えた高音質ゲーミングヘッドセット

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

今までフォートナイトのようなゲームをするとき、5千円くらいの楽器用ヘッドホンを使っていました。

初心者なので特に問題はなかったのですが、もっとうまくなりたい気持ちが強くなり思い切ってゲーミングヘッドセット「ゼンハイザー/EPOS GSP500」を 購入。

 

GSP500の魅力

  • 違和感なく耳に入ってくるクリアな音。
  • 高級感あふれる本体・デザイン。
  • 位置・音量調整が簡単なブームマイク。
  • フィット感抜群で快適なイヤーパッド。

 

そこで、GSP500を実際に使って感じたメリット、デメリットなどを紹介していきたいと思います。

ゲーミングヘッドセットを検討している方は参考にしてみてください。

 

EPOS/ゼンハイザー GSP500基本情報


GSP500
基本情報
価格(2020.9.8現在・楽天)¥26,800
イヤーカップタイプアラウンドイヤー
ヘッドフォン構造ダイナミック、開放型
ケーブル長PC用ケーブル:2.5m
ゲーム機用ケーブル:1.5m
接続端子3.5 mm(3極コネクター)x 2
3.5 mm(4極コネクター)x 1
外形寸法80 x 190 x 165(mm)
重量358g
互換性Windows、Mac、PS4、Xbox One、Switchおよび、3.5 mm端子入力対応のゲーム機
保証期間2年間
ヘッドフォン
周波数特性10~30,000 Hz
インピーダンス28Ω
音圧レベル107 dB SPL @ 1 kHz、1V RMS
マイク
周波数特性10~18,000 Hz
指向性単一指向性
感度-47 dBV/PA

GSP500の外観

GSP500の外観

GSP500の外観

高級感のあるガッチリとした本体。

頭頂部には、締め付けを調整できるスライダーが付いています。

 

GSP500の外観

GSP500の外観

側面にはロゴマークがあり、イヤーパッド部は少し可動させることができます。

 

GSP500の外観

GSP500の外観

頭頂部には締め付け調整可能なスライダーが付属し、負担を軽減させるパッドも付いています。

 

GSP500の外観

GSP500の外観

ブームマイクは、上にはね上げることでミュートにすることが可能です。

イヤーパッドは柔らかい素材で、耳への負担も少なくなっています。

 

GSP500の付属品

GSP500の付属品

付属品

  • 3.5 mm 3極コネクター(PC用)
  • 3.5 mm 4極コネクター(ゲーム機用)
  • 安全ガイド
  • ユーザーマニュアル

PCでもゲーム機でも使用できるように、2種類のケーブルが付属しています。

ケーブルの素材も壊れにくいものになっているので安心です。

 

 

【10/18まで】 Amazon Music HD 90日間無料キャンペーン

【10/18まで 】Amazon Music HDが今なら90日間無料で体験できる!

登録はこちら

GSP500のメリット・特徴

まずはGSP500のメリット・特徴から紹介していきます。
メリット・特徴

  • 違和感なく耳に入ってくるクリアな音。
  • 高級感あふれる本体・デザイン。
  • 位置・音量調整が簡単なブームマイク。
  • フィット感抜群で快適なイヤーパッド。
  • 締め付けの強さを調整できる。
  • マルチプラットフォームに対応。
  • 安心の2年間メーカー保証。

違和感なく耳に入ってくるクリアな音

GSP500の最大の特徴とも言えるのが、違和感のなく聞こえるクリアな音です。

ゲーム中はいろいろな音が聞こえてきますが、どの音もしっかりと判別可能。

 

音に違和感があるとストレスが溜まってしまいますが、GSP500ならその心配もありません。

クリアで高音質なヘッドセットを探している方におススメです。

GSP500は開放型なので、ゲーム中でも人の声や周りの環境音も把握することができるよ。

高級感あふれる本体・デザイン

安っぽくないしっかりとした素材で、高級感を感じることができます。

赤色の部分も良いアクセントで、デザインもオシャレです。

 

価格相応と言えばそうなのですが、見た目も重視する方にとってはおすすめポイント。

性能とデザインを兼ね備えたヘッドセットになっています。

 

位置・音量調整が簡単なブームマイク

GSP500にはブームマイクが付随しています。

素材がやわらかく、少しですがマイクの位置を好きな位置に調整可能です。

 

マイクのアームを上げ下げすることで簡単にON/OFFを操作でき、右耳側にあるダイヤルで音量調整もすることができます。

少し籠っていますがマイクの音質も良いので、ゲーム中のボイスチャットも快適です。

 

フィット感抜群で快適なイヤーパッド

耳がすっぽり入る形状と柔らかい素材で耳への負担を軽減。

イヤーパッド部が可動するのでフィット感がよく、やさしく耳を包み込んでくれます。

 

長時間つけていると多少蒸れてはきますが、個人的には気にならない程度のものでした。

GSP500は、高音質と快適性を兼ね備えたヘッドセットです。

 

締め付けの強さを調整できる

GSP500には、頭頂部に締め付けの強さを調整できるスライダーが付いています。

そのため、あなたの頭の大きさや締め付け具合の好みに合わせ微調整が可能です。

自分好みのより快適なヘッドセットにすることができます。

 

マルチプラットフォームに対応

GSP500は、PCやゲーム機など様々なデバイスに対応。

PCだけではなくPS4でも使いたい、という場合でも安心して利用することができます。

 

対応デバイス

  • PC
  • PS4
  • Xbox One
  • Nintendo Switch
  • Mac

 

安心の2年間メーカー保証

高額なヘッドセットなので故障などが不安な方も多いはず。

そんな方のために、GSP500には購入後2年間のメーカー保証があり、保証期間内であれば故障など対応してもらえるので、安心して使用することができます。

 

 

GSP500のデメリット・注意点

GSP500への変更はメリットだけでなくデメリットもあります。
✕デメリット

  • 低音が弱く足音など音の判別に少し難がある。
  • 価格が26,800円と高額。
  • 少し重いので長時間の使用には向かない。
  • 音漏れがある。
  • 人によっては見た目が気になる。

低音が弱く足音など音の判別に少し難がある

GSP500は、高音質でクリアな音が特徴のヘッドセットです。

ですが、フォートナイトなどのFPS・TPSゲームでは、足音などの低音域が聞き取りずらいデメリットがあります。

 

低音域を重視される方には、密閉型のGSP600シリーズがおすすめです。

密閉型が苦手で開放型がいいという方は、ミックスアンプの利用を検討してみてください。

 

 

価格が26,800円と高額

GSP500は価格が26,800円(税込)と高額です。

1万円以下で高性能な商品がある中で、2万円代は簡単に手が出せる金額ではありません。

ただ、音質は確かなものなので、音質を重視する方なら買って損はない製品です。

 

少し重いので長時間の使用には向かない

GSP500は重量が368gと少し重いのがデメリット。

短時間の使用であれば気にならないかもしれませんが、長時間使用する際は流石に重さを感じてしまいます。

ヘッドセットの軽さを重視する方には向いていないかもしれません。

 

音漏れがある

開放型ということもあり、音量を大きくすると音漏れします。

音漏れがダメな環境で使用する方は、密閉型のGSP600を検討してみてください。

 

人によっては見た目が気になる

GSP500は、頭の形にフィットする形状ではなく装着時に横に張り出した形となり、人によって好き嫌いが分かれる見た目です。

装着時の見た目も気にされる方は、確認してから購入することをおススメします。

 

 

☟高性能ワイヤレスゲーミングマウス

【レビュー】ロジクールG PROワイヤレス/操作性・精度抜群のゲーミングマウス【レビュー】ロジクールG PROワイヤレス/操作性・精度抜群のゲーミングマウス

 

EPOS/ゼンハイザー GSP500まとめ

まとめ

GSP500まとめ

 

【メリット・特徴】

  • 違和感なく耳に入ってくるクリアな音。
  • 高級感あふれる本体・デザイン。
  • 位置・音量調整が簡単なブームマイク。
  • フィット感抜群で快適なイヤーパッド。
  • 締め付けの強さを調整できる。
  • マルチプラットフォームに対応。
  • 安心の2年間メーカー保証。

 

【デメリット・注意点】

  • 低音が弱く足音など音の判別に少し難がある。
  • 価格が26,800円と高額。
  • 少し重いので長時間の使用には向かない。
  • 音漏れがある。
  • 人によっては見た目が気になる。

 

EPOS/ゼンハイザー「GSP500」は、高い音質と機能・デザイン性を兼ね備えたヘッドセットです。

クリアな音質なので、違和感なく音が入ってくるので耳への負担も少なくなっています。

 

価格が高いのが難点ですが、安価なヘッドセットを買って失敗したくない方、予算に余裕がある方はぜひ購入を検討してみてください。

僕も買って良かったと感じている、ゲームをするならコレ!と言えるおすすめのヘッドセットです。