お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【加盟店向けPayPay】特徴・導入メリット/各種費用・手数料が無料で始められる

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

2019年10月の増税を控え、スマホ決済市場が盛り上がっています。

しかも、政府主導で増税後の10月から9ヶ月間、キャッシュレス決済で最大5%を還元。

 

スマホ決済を導入している店舗とそうでない店舗では、大きな差が出ることが予想されます。

そこで、ここでは無料ですぐに始められる加入者向けPayPayを紹介。

導入を検討している方は、ぜひ検討してみてください。

 

各種費用が0円で始められる!

申込から1週間程で利用できます。

 

☟ユーザー向けPayPayの紹介記事はこちら

【スマホ決済】PayPay(ペイペイ)とは?使い方、使える店(加盟店)、支払方法、注意点まとめ【最大1.5%還元】PayPay(ペイペイ)の特徴、使い方、使える店(加盟店)まとめ

 

加盟店向けPayPayとは?

5702

加盟店向けのPayPayは、導入することでお店に買い物に来たお客様がPayPayを利用できるようにするためのものです。

バーコードをスキャンもしくは読み取るだけで決済ができるので、お客様にも店舗側にもスムーズに会計できるメリットがあります。

 

現在PayPayでは、初期導入費、決済システム利用料、入金手数料が無料です。

店舗側の負担がなく、0円で導入することができます。

 

キャッシュレス決済導入で最大5%還元

キャッシュレス決済導入で最大5%還元

消費税が10%に増税される10月からの9ヶ月間、登録された加盟店でのキャッシュレス決済が最大5%ポイント還元。

加入しているのとしていないのとでは、集客に大きな差が出る可能性があります。

 

【導入のメリット】

キャッシュレス決済導入で最大5%還元

 

あとで入っておけばよかったとなる前に、導入・登録しておくのがおススメです。

各種費用が0円で始められる!

申込から1週間程で利用できます。

 

楽天スーパーセールの開催日はいつ?

 

【12/4~12/11】今年最後!楽天スーパーセール開催

セール会場はこちら

加盟店向けPayPayのメリット・特徴

PayPayを導入した際のメリットを紹介します。
メリット・特徴
  • 0円で始められる。
  • 会計処理がスムーズになり手間がはぶける。
  • キャッシュレス決済利用客の集客が見込める。
  • 店舗用アプリで決済管理ができる。
  • PayPayコードでAlipayも使える。
  • 申込から約1週間で利用できる。

0円で始められる

0円で始められる

PayPayでは、導入時の「初期導入費」、「月額固定費」、「決済システム利用料 ※1」、「入金手数料 ※2」が無料です。

そのため、0円でPayPayの利用を始めることができます。

 

費用を気にせず始められるのは大きなメリット。

安心してPayPayを導入することができます。

 

注意

※1 ユーザーが読み取る支払いのみ、2021年9月30日まで無料。

※2 ジャパンネット銀行の場合は永年無料。その他金融機関は2020年6月30日まで無料。

 

会計処理がスムーズになり手間がはぶける

PayPayを導入することで、今までの現金を使った会計処理があっという間に終わります。

バーコード使うことにより工数が大幅に減り、お客様だけでなく従業員の負担も軽減することが可能です。

 

慣れるまで多少時間がかかるかもしれませんが、一度導入してしまえばスムーズな会計処理を実現することができます。

 

キャッシュレス決済利用客の集客が見込める

東京オリンピック2020

政府主導のキャッシュレス決済還元、2020年のオリンピックによる海外客需要など、キャッシュレス決済を利用する人が多くなることが予想されます。

そんなとき、キャッシュレス決済に対応していないのは目の前にあるチャンスをみすみす逃すことと同じ。

 

導入までに多少手間がかかりますが、それ以上のリターンが見込めるので利用しない手はありません。

 

店舗用アプリで決済管理ができる

paypay店舗用アプリ

PayPayには、加盟店売上管理ツールをWEBだけではなくアプリで利用することができます。

アプリなので簡単に操作でき、スマホを使えばいつでもどこでも決済管理が可能です。

 

さらに、お客様の入力を防止できるストアスキャン機能も搭載。

メリットの多いアプリになっています。

 

PayPayコードでAlipayも使える

alipay

PayPayでは、中国で多くの人が利用しているスマホ決済「ALIPAY」の利用が可能です。

海外からの利用者は、AlipayアプリでPayPayコードをスキャンするだけで支払いができます。

 

しかも、2020年9月30日までは決済手数料が0%。

オリンピックを控え多くの集客が期待できます。

※Alipayの利用には審査が必要です。

 

申込から約1週間で利用できる

PayPayは、申し込みから利用まで約1週間ほどで利用を開始できます。

導入したいと思ってからすぐに利用できるので、時間のロスが少なく大事な機会を逃しません。

 

【PayPay申し込み手順】

paypay申し込み手順

 

各種費用が0円で始められる!

申込から1週間程で利用できます。

 

加盟店向けPayPayのデメリット・注意点

PayPay導入時の注意点を紹介します。
デメリット・注意点
  • 仕組みを理解しておかないと問い合わせに対応できない。
  • 「加盟店売上管理ツール」にアクセスできる端末が必要。
  • 決済システム利用料が無料なのは2021年9月30日まで。

仕組みを理解しておかないと問い合わせに対応できない

PayPayを導入することで、会計がスムーズになりお客様にも店舗側にも大きなメリットをもたらしてくれます。

ただし、従業員がPayPayおよびスマホ決済を理解していないと、キャンセルや返品処理など、お客様の問い合わせなどに対応ができません。

導入するだけではなく、店舗側も勉強し理解する必要があります。

 

加盟店売上管理ツールにアクセスできる端末が必要

PayPayを導入し利用する際に、店舗側で用意するものはほとんどありません。

ですが、加盟店売上管理ツールへのアクセスできる環境は必要となります。

 

WEBだけでなくアプリもあるので、店舗用のスマホかタブレットがあれば大丈夫です。

PayPayではレンタルをしていないので店舗側で用意する必要があります。

 

決済システム利用料が無料なのは2021年9月30日まで

現在、決済システム手数料は無料ですが、無料で利用できるのは2021年9月30日までとなっています。

ずっと無料ではなく、無料期間が過ぎたら利用料がかかることを覚えておきましょう。

 

カード決済なら『おてがるPay』

キャッシュレス決済は、PayPayのようなコード決済だけではありません。

クレジットカードや非接触のApple PayやGoogle Payを使う人もたくさんいます。

 

そこで、おススメなのがまとめて導入できる「おてがるPay」です。

おてがるPayなら、いろんな決済を一元管理できるうえに、国内大手カード会社出資による
JMSによるサービスで安心感もあります。

 

決済を一元管理!安心のJMSサービス。

申込は3ステップでカンタン。

 

加盟店向けPayPayまとめ

まとめ

まとめ

【メリット・特徴】

  • 0円で始められる。
  • 会計処理がスムーズになり手間がはぶける。
  • キャッシュレス決済利用客の集客が見込める。
  • 店舗用アプリで決済管理ができる。
  • PayPayコードでAlipayも使える。
  • 申込から約1週間で利用できる。

 

【デメリット・注意点】

  • 仕組みを理解しておかないと問い合わせに対応できない。
  • 加盟店売上管理ツール)にアクセスできる端末が必要。
  • 決済システム利用料が無料なのは2021年9月30日まで。

 

PayPayを導入することで、スマホ決済を利用するお客様を集客することができます。

しかも、PayPayなら導入費用などが掛からず0円で始めることが可能です。

 

キャッシュレス還元やオリンピックにより、キャッシュレス決済の需要は上昇が見込めます。

申込から約1週間程で始められるので、もう間に合わないと思っていた方もすぐに導入を検討してみてください。

 

各種費用が0円で始められる!

申込から1週間程で利用できます。

 

☟ユーザー向けおすすめスマホ決済はこちら

【2019最新】スマホ決済(〇〇Pay)アプリおすすめ6社の比較一覧/LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、Origami、d払い、メルペイ【2019最新】スマホ決済アプリ(〇〇Pay)おすすめ6社の比較まとめ