お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【最大1%還元】Kyash(キャッシュ)ポイント二重取りできるお得なプリペイドカード(一部審査・年齢制限なし)

【最大1%還元】Kyash(キャッシュ)ポイント二重取りできるお得なプリペイドカード(一部審査・年齢制限なし)

利用金額の最大1%が還元され、クレジットカードを紐づけることでポイント二重取りもできる、お得なプリペイドカード「Kyash」。

このKayshは使い方次第でどんどんお得になる、ポイ活にかかせないプリペイドカードなんです。

 

💡おすすめポイント

  • 利用額の最大1%をポイント還元。
  • クレジットカードを紐づければポイント二重取りできる。
  • 年齢制限がないので学生でも持てる。
  • Kyashアカウント同士で無料で送金ができる。
  • 通知やロック機能があるので安心して利用できる。

 

Kyashの基本的なことから、メリット・デメリットまで紹介していきたいと思います。

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

Kyashの基本情報(2020.5.1~)

カードの種類Kyash Card
Kyash Card
Kyash Card Lite
Kyash Card Lite
Kyash Card virtual
Kyash Card Virtual
ポイント還元率1%0.5%0.5%
年会費なしなしなし
発行手数料900円300円0円
本人確認書類必要不要不要
決済上限/回30万円5万円3万円
(本人認証なし5千円)
決済上限/月100万円12万円12万円
(本人認証なし2万円)
実店舗決済
(オンライン決済のみ)
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
Google Pay(QUICPay)

 

Kyashには、アプリ上で発行できてオンライン決済にのみ利用できる「Kyash Card Virtual」。

発行手数料はかかりますが、実店舗でも使える「Kyash Card」と「Kyash Card Lite」があります。

 

プリペイド式なので、銀行やATM、クレジットカードから残高をチャージし、あとはクレジットカードと同じように使うだけ。

利用限度額はそれぞれ違いますが、日常の買い物に十分利用できる金額設定になっています。

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

Kyashのメリット・特徴

Kyashのメリットと特徴を紹介していきます。
メリット・特徴

  • 利用額の最大1%をポイント還元。
  • クレジットカードを紐づければポイント二重取りできる。
  • 審査がないので誰でもすぐに発行できる(Lite・Virtual)。
  • 年齢制限がないので学生でも持てる。
  • Kyashアカウント同士で無料で送金ができる。
  • 通知やロック機能があるので安心して利用できる。
  • Visaタッチ決済が利用できる(Kyash Cardのみ)。
  • ICチップで支払いがサインレス(Kyash Cardのみ)。

利用額の最大1%をポイント還元。

Kyashは、全国のVISA加盟店で利用できるプリペイド式のカードです。

ただ決済に利用できるだけではなく、利用金額の最大1%分のポイントが還元※1されます。

 

貯まったポイントは、1ポイント=1円でKyash残高へチャージでき、すぐに支払いに利用可能です。

※1 ポイントが1%還元されるのは「Kyash Card」のみです(Lite・Virtualは0.5%還元)。

 

クレジットカードを紐づければポイント二重取りできる

Kyashは、基本的に残高へ金額をチャージしてから利用します。

銀行ATMやコンビニ、クレジットカードからチャージする事が可能です。

 

この中で一番お得なのがクレジットカードからのチャージとなります。

お店でクレジットカードをそのまま使うのではなく、KyashにチャージしてからKyashで決済することで、両方のポイントを二重に貯めることができるんです。

 

Kyashは、QR/バーコード決済などにも紐づけられるので、お得なキャンペーンがやっているときなど、組み合わせ次第でどんどんお得になるメリットだらけのカードになっています。

 

審査がないので誰でもすぐに発行できる(Lite・Virtual)

「Lite・Virtual」カードを発行する際、クレジットカード発行時などにある審査がありません。

そのため、誰にでも発行ができ利用することができるカードになっています。

クレジットカードでは審査が通らない人でも、すぐに発行し利用することができるのがKyashのメリットです。

 

年齢制限がないので学生でも持てる

先ほど審査不要とお伝えしましたが、Kyashでは年齢に関しても制限がありません。

そのため、18歳未満の学生でもカード発行することができます。

 

カード持たせたいけどクレジットカードでは不安といった親御さんも多いはず。

そんなとき、限度額があり利用履歴も確認できるKyashなら、安心して持たせることができます。

 

自動チャージを設定すれば残高を気にせず支払いができる。

Kyashは残高をチャージして利用するのが基本です。

ですが、自動チャージ設定をすることで残高が不足していたとしても、設定したクレジットカードから自動的にチャージし支払いをしてくれます。

 

「毎回チャージするのが面倒」「残高が足りているか不安」、という人にとってメリットがある機能です。

 

Kyashアカウント同士なら無料で送金ができる

Kyashでは、利用している人同士で残高を送金することができます。

しかも、送金はリアルタイムで料金も無料です。

割り勘時の料金支払いや、友だちへの支払いをカンタンに済ませることができます。

 

通知やロック機能があるので安心して利用できる

Kyashを利用すると、リアルタイムで登録したアドレスに利用通知が届き、履歴にも反映されます。

かんたんに利用明細の管理ができ、カードの使いすぎ防止にも活躍。

 

さらに、アプリからカードの利用をカンタンにロックすることができます。

すぐに利用を停止することができるので、カードを紛失したや使いすぎだと感じたときでも安心です。

 

Visaタッチ決済が利用できる(Kyash Cardのみ)

「Kyash Card」は、カードを端末にかざすだけで決済ができる「Visaタッチ決済」に対応しています。

カードを渡す必要がないので番号を読み取られる心配もなく安心です。

スマホ決済やSUICAなどのように、スムーズに会計をすることができます。

 

ICチップで支払いがサインレス(Kyash Cardのみ)

「Kyash Card」は、カード自体にICチップが組み込まれているため、サインではなく暗証番号入力による支払いが可能です。

「少額の決済でもサインをするのが面倒」、「会計に列ができていて気まずい」といったこともなくなります。

ICチップ搭載カードは、スキミングされにくいためセキュリティ面でも安心できるカードです。

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

Kyashのデメリット・注意点

利用時の注意点なども紹介します。
デメリット・注意点

  • クレカに比べ利用限度額が低く、高額などの場合に利用できない(Lite・Virtual)。
  • 「Kyash Card」以外は還元率が0.5%。
  • 「Virtual」以外は発行手数料がかかる。
  • 3Dセキュアなどの本人認証を必要とするサービスでは利用できない。
  • ポイント還元対象外取引がある。
  • Apple Payでは使えない。

クレカに比べ利用限度額が低く、高額などの場合に利用できない(Lite・Virtual)

Kyashは、ポイントが二重取りできるなどとてもお得なカードです。

しかし、クレジットカードに比べ利用限度額が低いのがデメリット。

 

  • Kyash Card Lite:5万円/回・12万円/月
  • Kyash Card Virtual:3万円/回・12万円/月
  • Kyash Card Virtual(本人認証なし):5千円/回・2万円/月

 

そのため、大型家電など高額商品の購入や、日常の支払いすべてに利用していると上限に達してしまい、利用ができなくなってしまうことがあります。

※Kyash Cardは、30万円/回・100万円/月まで利用が可能です。

 

「Kyash Card」以外は還元率が0.5%

Kyashを利用することで、決済金額の最大1%が還元されます。

ですが、これは「Kaysh Card」を利用している場合のみの還元率です。

 

「Kaysh Card」ではなく「Lite」か「Virtual」の場合は、還元率が0.5%になってしまいます。

1%の還元を受けるためには「Kyash Card」の発行が必要です。

 

「Virtual」以外は発行手数料がかかる

アプリからすぐに発行できる「Kyash Card Virtual」は、発行手数料が無料です。

ですが、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」はそれぞれ発行手数料がかかってしまいます。

 

実店舗で使いたい、1%還元にしたいという方は、発行手数料がかかる点に注意してください。

  • Kyash Card:900円
  • Kyash Card Lite:300円

 

3Dセキュアなどの本人認証を必要とするサービスでは利用できない

クレジットカードの不正利用を防ぐ手段として、3Dセキュアなどの本人確認システムがあります。

しかし、Kyashは3Dセキュアには対応していないため、3Dセキュアを必須とするサービスでは利用できません。

 

ポイント還元対象外取引がある

Kyashでの決済すべてにポイントが還元されるわけではありません。

一部取引の中には、ポイント還元対象外のものがあるので注意してください。

 

ポイント還元対象外

  • 売上未確定のままの取引。
  • 交通機関への支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)。
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど。
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 。
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ。
  • 税金の支払い。
  • ふるさと納税、税金各種。
  • 公共料金の支払い。
  • 寄付金の支払い。
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入。
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入。
  • 郵便局の販売サイトでの支払い。
  • 造幣局の販売サイトでの支払い。
  • 代金未回収が発生している取引。
  • 本人または第三者による不正利用と運営サイドが判断した取引。

※Kyash公式より抜粋

参考 KyashポイントについてKyash HELP

 

Apple Payでは使えない

Kyashは、Google Pay(QuiCPay)で利用することができます。

しかし、Apple Payにはまだ対応していないので、iPhoneユーザーは注意してください。

 

Kyashまとめ

まとめ

Kyashまとめ

 

【メリット・特徴】

  • 利用額の最大1%をポイント還元。
  • クレジットカードを紐づければポイント二重取りできる。
  • 審査がないので誰でもすぐに発行できる(Lite・Virtual)。
  • 年齢制限がないので学生でも持てる。
  • Kyashアカウント同士で無料で送金ができる。
  • 通知やロック機能があるので安心して利用できる。
  • Visaタッチ決済が利用できる(Kyash Cardのみ)。
  • ICチップで支払いがサインレス(Kyash Cardのみ)。

 

【デメリット・注意点】

  • クレカに比べ利用限度額が低く、高額などの場合に利用できない(Lite・Virtual)。
  • 「Kyash Card」以外は還元率が0.5%。
  • 「Virtual」以外は発行手数料がかかる。
  • 3Dセキュアなどの本人認証を必要とするサービスでは利用できない。
  • ポイント還元対象外取引がある。
  • Apple Payでは使えない。

 

Kyashは、利用金額の最大1%が還元されるお得なプリペイドカードです。

全国のVISA加盟店で利用でき、クレジットカードや各種サービスと組み合わせることでポイントの二重もできます。

 

アプリから簡単に発行ができ年会費も無料。

紛失時の対策や明細の管理もアプリで簡単にできるので、カードの使用が不安な方でも安心して利用できるカードになっています。

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ