お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【Fire TV Stickで十分?4Kは必要?】Fire TV Stickと4Kの違い・比較まとめ

【Fire TV Stickで十分?4Kは必要?】Fire TV Stickと4Kの違い・比較まとめ

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

Amazonの「Fire TV Stick 4K」は、テレビで簡単に4Kの動画配信を楽しむことができます。

さらに、2020年9月には新型の「Fire TV Stick」も発売されました。

 

ですが、ここで問題になるのが「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」のどっちを買えばいいのかという点です。

両者の価格差は2,000円と、それなりに差があるので悩んでいる方も多いはず。

 

そこで、今回は両者の違いを検証していきますので、どちらを購入したらいいのか参考にしていただければと思います。

 

Fire TV Stickと4Kの主な違い

  • 4K対応の有無。
  • プロセッサの性能が違う。
  • 解像度・オーディオ性能が違う。
  • 音声操作対応の有無。1
  • 保証期間の違い。

※1:2019年1月16日から「Fire TV Stick」も、リモコンがAlexa対応リモコンになりました。

今回比較するのはこの2つ

 

☟Fire TV Stick 4KとCubeの比較記事はこちら

【4Kで十分?Cubeは必要?】Fire TV Stick 4KとCubeの違い・比較まとめ【4Kで十分?Cubeは必要?】Fire TV Stick 4KとCubeの違い・比較まとめ

 

4Kに拘らなければ「Fire TV Stick」で十分

Fire TV Stick 比較

結論から先に言うと、4Kに拘らなければ「Fire TV Stick」で十分です。

HD画質には対応していますし、2020年9月30日からはプロセッサもオーディオも同性能になったので、不自由なく利用できると思います。

価格も2,000円安くコスパが良いので、4Kまでは必要ないでしょう。

 

じゃあ、どういう人が4Kを買った方がいいの?

となると、個人的には4Kテレビを購入予定または持っている、4K映像を4Kで楽しみたいという方は、4Kを購入した方がいいと感じています。

 

▼Fire TV Stickの詳細は、こちらの記事で紹介しています。

【レビュー/レポ】新型Fire TV Stick(2020)性能・機能が強化された新モデル 【レビュー Fire TV Stick 4K】使い方、機能、Fire TV Stickとの違いなど/Alexa搭載リモコン付属【Fire TV Stick 4K レビュー/レポ】できること、対応テレビ、Echo連携、画質、他製品との違いまとめ

 

 

【1/11まで】 Amazon Music Unlimited 3ヵ月無料+500ポイント

【1/11まで 】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料+500P!

登録はこちら

Fire TV Stick、4Kのスペック比較

それぞれのスペックを表にまとめました。
機種
Fire TV Stick

Fire TV Stick 4K
価格¥4,980¥6,980
解像度720p、1080p、最大60fps2160p、1080p、720p、最大60fps
フォーマットH.265、H.264、Vp9、HDR10、HDR10+、HLG4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサ(CPU)クアッドコア 1.7 GHzクアッドコア 1.7 GHz
オーディオDolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルーDolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
ストレージ8GB8GB
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応
音声検索対応
AV機器操作
4K対応
保証期間1年間(有償で延長保証あり)1年間(有償で延長保証あり)
サイズ(本体)86 mm x 30.0 mm x 13 mm108 mm x 30 mm x 14 mm
重量(本体)32.0g53.6g

 

サイズや形状はほぼ同じですが、4K画質への対応有無が大きな違い。

その分が価格に反映されている形です。

対応しているアプリは、製品によって違いはないので心配する必要はありません。

 

Fire TV Stick、4Kの主な違い

ここからは、両者の主な違いを紹介していきます。
Fire TV Stickと4Kの主な違い

  • 4K動画への対応の有無。
  • 解像度が違う。

4K動画への対応の有無

4K動画への対応の有無

商品名を見れば分かるように、4K動画へ対応しているのは「Fire TV Stick 4K」の方です。

「Fire TV Stick」は、4K動画に対応していないので注意してください。

 

解像度が違う

Fire TV Stick 4Kは高画質・高音質で4K動画にも対応

解像度(4K)

  • 4K Ultra HD
  • Dolby Vision
  • HDR
  • HDR10+

 

「Fire TV Stick 4K」では、上記の機能に対応してるので、鮮明で美しい映像と迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

先に説明したように、「Fire TV Stick」は4K Ultra HDには対応していないので、その点に関しては4Kタイプに劣ります。

 

僕も映像やサウンドに詳しくないため、あまり違いが分かりません。

4Kのきれいな映像を楽しみたいという方でなければ、「Fire TV Stick」でも問題ないと思います。

 

音声操作対応の有無【現在はどちらも同じです】

Fire TV Stick 4Kは音声操作ができる

2019年1月16日から「Fire TV Stick」のリモコンも、Alexa搭載リモコンに変更となりました。

そのため、4Kタイプを購入しなくても、Alexaの一部機能を利用、Echoとの連携ができるようになっています。

どちらも音声検索には対応しているため、「アニメ探して」など、声で動画を検索することはできます。

両者の違いは、Alexaが搭載されているかどうかという点です。

 

Alexaが搭載されている「Fire TV Stick 4K」では、音声だけで動画の再生、早送り・早戻し、エピソード送りなどが操作できます。

さらに、ニュースや天気、音楽の再生など、Alexaの機能を利用することもできるので、とても便利です。

Echoシリーズと連携させることで、ハンズフリーで操作することができます。

 

それと、リモコンにも一部違いがあり、「Fire TV Stick」にはAlexa機能以外に、電源ボタンと、音量ボタンがありません。

 

リモコン比較

これが意外に重要で、電源と音量ボタンがあればテレビのリモコンがなくても、Fire TV Stick 4Kだけで利用できます。

リモコンが1つで済んでしまうのは、けっこう便利ですよ。

 

 

Fire TV Stick、4Kの違い・比較まとめ

まとめ

Fire TV Stick & 4Kのおさらい

  • 動画視聴だけが目的なら「Fire TV Stick」で十分。
  • 価格差は2,000円。
  • 4K画質対応の有無に違いがある。
  • サイズや形状はほとんど同じ。
  • 4K対応テレビを購入予定、4K画質を楽しみたい方は「Fire TV Stick 4K」がおススメ。

 

最初に書いたように、4K画質に拘らなければ「Fire TV Stick 」で十分だと思います。

主な違いはそれだけなので、2,000円の価格差と4Kにこだわるかどうかで4Kも選択肢に入るのではないでしょうか。

 

できること自体は、そこまで大きな差はないので、4K動画で視聴したいかが決め手になってくると思います。

どちらを選んでも損はない製品ですので、単純に欲しいと感じた方を選んでみるものありです。

 

今回比較したのはこの2つです。

 

【4Kで十分?Cubeは必要?】Fire TV Stick 4KとCubeの違い・比較まとめ【4Kで十分?Cubeは必要?】Fire TV Stick 4KとCubeの違い・比較まとめ Amazon Fire TV Stick(4K)のセールはいつ?2019最新&過去のセール価格まとめ【2021】Amazon Fire TV Stick、4K、Cubeのセールはいつ?最新&過去のセール情報まとめ