お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】エレコム ゲーミングマウス VM600PE/軽くて握りやすい良いとこどりマウス

【レビュー】エレコム ゲーミングマウス VM600PE

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

エレコムの新型ゲーミングマウス「VP600PE」。

最高クラスのセンサーを搭載し、あらゆるマウスの良いところを寄せ集めたマウスです。

 

VM600PEの魅力

  • 業界最高レベルのセンサー搭載
  • 右利き用に最適化された形状でフィット感抜群
  • 操作感が選択できる2-Modeゼロエッジソール
  • 高さ検出センサーでリフトオフ距離の調整ができる

 

本記事では「VM600PE」を実際に使ってみて感じた、メリットやデメリットを紹介していきたいと思います。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【レビュー】ELECOM ゲーミングキーボード VK300S【レビュー】ELECOM ゲーミングキーボード VK300S/速さと使いやすさを追求した銀軸モデル

 

エレコム VM600PE 基本情報

機種
VM600PE
価格(2022年11月30日現在)¥11,164
接続方式USB2.4GHz無線 / 有線両対応
センサーPixArt PAW3395DM + Dsensor
センサー分解能100~26,000DPI(100DPI単位)
最大トラッキングスピード650IPS
最大検出加速度50G
メインスイッチ(左右クリック)Mag-Infinity 光学式スイッチ
ボタン数8個※ホイールボタン含む
電源内蔵リチウムイオン電池
連続作動時間最大95時間
サイズW66.5 × D123.5 × H42.0(㎜)
重量75g
カラーブラック
保証期間2年間

VM600PEの外観

VM600PEの外観

表面はさらさらとした肌触りで、右手にあわせた形状をしています。

 

VM600PEの外観

底面には6ヵ所ソールが付いており、レシーバーも収納可能です。

 

VM600PEの外観

左側には2つボタンがあり、後ろ側が大きめの形状をしています。

 

VM600PEの外観

右側にボタンはありません。

 

VM600PEの外観

上面にボタンが2つあり、ホイールは滑りにくいゴム素材になっています。

 

VM600PEの付属品

VM600PEの付属品

  • レシーバー
  • 充電ケーブル(1.5m)、
  • レシーバー延長アダプター
  • ソール×2種
  • グリップシート
  • クリーニングクロス
  • ステッカー

ソールやグリップシートなど付属品が豊富。

別途購入が必要なものもなく、十分すぎる内容です。

 

【レビュー】RAZER ゲーミングマウスパッド Srider XXL/良いとこどりの理想のマウスパッド【レビュー】RAZER ゲーミングマウスパッド Strider XXL/良いとこどりの理想のマウスパッド

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

VM600PEのメリット・特徴

ここからは、Fire7のメリット・特徴を紹介していきます。
メリット・特徴

  • 業界最高レベルのセンサー搭載
  • 右利き用に最適化された形状でフィット感抜群
  • 操作感が選択できる2-Modeゼロエッジソール
  • 高さ検出センサーでリフトオフ距離の調整ができる
  • 8ボタンと多ボタンながら軽量
  • 耐久性、柔軟性に優れたパラコードケーブル
  • 2年間のメーカー保証で安心

業界最高レベルのセンサー搭載

センサー分解能26,000DPI、加速度50G、最大速度650IPSと、高性能マウスと同等かそれ以上の性能を備えています。

プロゲーマーに製品開発に携わってもらい実証済みです。

実際に使用してみたところ、高性能マウスとなんら遜色なし。

エレコムだからと先入観で決めつけてしまのはもったいないマウスです。

 

右利き用に最適化された形状でフィット感抜群

VM600PEは、右利き用にフィットするように考えられた形状をしています。

確かに、しっかり握れて他にフィットしている感じました。

 

ロジクールのG Proに形が似ているのですが、後ろ部分が高く掌にフィットします。

握りやすいので操作性が良く、とても使いやすいマウスです。

 

操作感が選択できる2-Modeゼロエッジソール

VM600PEには小さなソールが6つ付いていますが、付属品ゼロエッジソールを使用することで滑りを調整することができます。

標準のままで滑りすぎると感じた場合、ゼロエッジソールを取り付けることで滑りを抑制可能。

好みに合わせた調整ができるメリットがあります。

 

高さ検出センサーでリフトオフ距離の調整ができる

高さ専用検出センサーで、リフトオフ距離を約0㎜~1.5㎜までの範囲で好みに合わせて設定可能。

プレイへの影響を最小限に抑えることができます。

リフトオフ距離とは

マウスを持ち上げた際にセンサーの反応が途切れる距離のこと。

 

8ボタンと多ボタンながら軽量

VM600PEはボタンが8個付いていますが、肉抜きなしで重量は75gと軽量。

昨今の軽量マウスには及びませんが、十分軽いと感じました。

軽さと多ボタンをうまく両立したマウスになっています。

 

耐久性、柔軟性に優れたパラコードケーブル

付属の接続ケーブルは、編み込みの耐久性、柔軟性に優れたパラコードケーブルです。

柔軟性があることで取り回しが良く、有線で使用する場合も快適に操作することができます。

 

2年間のメーカー保証で安心

メーカー保証が標準で2年間ついています。

そのため、初期不良などの不具合が出ても安心。

サポートもしっかりしているので、安心して購入することができます。

 

 

VM600PEのデメリット・注意点

実際に使ってみて感じたデメリットも紹介します。
デメリット・注意点

  • ホイールクリックが硬く使いずらい
  • 充電ポートが狭く使えないケーブルがある
  • レシーバーが長く出っ張ってしまう
  • ゲームごとに自動でプロファイルを変更できない
  • 設定ソフトでデバイスが認識できない場合がある

ホイールクリックが硬く使いずらい

ホイール部分のクリックが固く押しずらいのが残念なところ。

あまり使わない方は問題ありませんが、多用する方は注意してください。

 

充電ポートが狭く使えないケーブルがある

マウスの充電ポートが狭く奥まった場所に。

そのため、付属以外のケーブルだと使用できないものがあります。

 

レシーバーが長く出っ張ってしまう

レシーバーが長く、パソコンに取り付けると15㎜ほど出っ張ってしまいます。

狭いスペースで利用している方は、気になってしまうかもしれません。

 

ゲームごとに自動でプロファイルを変更できない

プロファイルをいくつか登録できますが、ロジクールのソフトのようにゲームごとに自動で切り替えてはくれません。

ゲームごとに変更したい場合は、事前に登録しDPI切り替えボタンで選択する必要があります。

 

設定ソフトでデバイスが認識できない場合がある

パソコンのOSやCPUの組み合わせによっては、設定ソフトでデバイスが認識できない不具合が。

僕もインストール直後は認識してくれましたが、2回目以降は認識してくれない状態に。

アップデートでの改善に期待です。

 

 

手持ちの他機種との比較(2022.10.11現在)

 

機種
VM600PE

G PRO X SUPERLIGHT

G303SH
価格(2022年10月24日現在)¥14,980¥18,810¥16,280
接続方式USB2.4GHz無線 / 有線両対応無線(LIGHTSPEED)無線(LIGHTSPEED)
センサーPixArt PAW3395DM + DsensorHERO™HERO™
センサー分解能100~26,000DPI(100DPI単位)100~25,600DPI100~25,000DPI
最大トラッキングスピード650IPS400IPS400IPS
最大検出加速度50G40G40G
ボタン数8個※ホイールボタン含む5個※ホイールボタン含む6個※ホイールボタン含む
連続作動時間最大95時間最大145時間最大70時間
サイズW66.5 × D123.5 × H42.0(㎜)W63.5 × D125 × H40.0(㎜)W70 × D117 × H40.0(㎜)
重量75g74g63g
カラーブラックブラック ブラック/ホワイト 
保証期間2年間 2年間2年間 

 

 

【レビュー】ロジクール G303SH/小型で操作性抜群のゲーミングマウス【SHROUDエディション】【レビュー】ロジクール G303SH/小型で操作性抜群のゲーミングマウス【SHROUDエディション】 【レビュー】ロジクールG PROワイヤレス/操作性・精度抜群のゲーミングマウス【レビュー】ロジクールG PROワイヤレス/操作性・精度抜群のゲーミングマウス

 

エレコム VM600PE まとめ

まとめ

VM600PEまとめ

【メリット・特徴】

  • 業界最高レベルのセンサー搭載
  • 右利き用に最適化された形状でフィット感抜群
  • 操作感が選択できる2-Modeゼロエッジソール
  • 高さ検出センサーでリフトオフ距離の調整ができる
  • 8ボタンと多ボタンながら軽量
  • 耐久性、柔軟性に優れたパラコードケーブル
  • 2年間のメーカー保証で安心

 

【デメリット・注意点】

  • ホイールクリックが硬く使いずらい
  • 充電ポートが狭く使えないケーブルがある
  • レシーバーが長く出っ張ってしまう
  • ゲームごとに自動でプロファイルを変更できない
  • 設定ソフトでデバイスが認識できない場合がある

 

エレコムのVM600PEは、いろんな製品の良いとこどりしたゲーミングマウスです。

右手専用で設計されているので持ちやすくしっかりフィット。

付属品で細かい調整もでき、自分の好みに合った最適のマウスに近づけることができます。

 

性能も高く、多ボタンながら75gと軽量。

価格も他のハイエンドマウスより購入しやすいものになっています。

 

 

↓動画で確認したい方はこちら