お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】Anker PowerCore Speed 10000 QC/Quick Charge対応かつコンパクトで大容量のモバイルバッテリー

【レビュー】ANKER PowerCore Speed 10000 QC

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

Ankerの定番モバイルバッテリー「PowerCore 10000」の上位モデル「PowerCore Speed 10000 QC」。

コンパクトかつ大容量で使い勝手が良く、高速充電にも対応した製品です。

 

PowerCoreSpeed10000QCはこんな製品
  • ポケットサイズの大容量モバイルバッテリー。
  • 高速充電対応で素早く充電ができる。
  • 低価格ながら多機能でコスパ抜群。
  • 18ヶ月間のメーカー保証で安心。

 

今回は、そんな「PowerCoreSpeed 10000QC」を紹介していきたいと思います。

実際に使って感じたことも書いていますので、気になっている方は読んでみてください。

 

PowerCoreSpeed 10000QCの基本情報


PowerCoreSpeed 10000QC
価格
(Amazon 2019.6.19現在)
2.999円(税込)
バッテリー容量10,000mAh
製品寸法約100 x 63 x 22(mm)
重さ204g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
(QC2.0/QC3.0)
iPhone/iPad/Android各種対応
定電流モード
入力5V – 2A
出力5-8V ー 3A
8-10V ー 2.4A
10-12V ー 2A
カラー○(2色)
メーカー保証期間18ヶ月間

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の大きさは、ムビチケカードよりも一回り大きいくらいなので、とてもコンパクト。

ポケットにもすんなり収まるサイズになっています。

 

表面は、肌触りが良く指紋もつきにくいマット仕上げ。

角もなく丸みを帯びているので、とても持ちやすくなっています。

 

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の外観

Quick Charge対応出力ポート(左)と、Micro-USBの入力ポート(右)が同じ面についています。

出力ポート:機器充電用

入力ポート:バッテリー本体充電用

 

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の外観

側面のボタンを押すことで電池残量を確認可能です。

4段階でLEDが点滅し、見ただけで電池残量が分かるようになっています。

 

バッテリー本体の外観

バッテリー本体の重さは204gと、そこまで軽くありませんが許容範囲内です。

持ち運びには困らない重さになっています。

 

パッケージ内容・付属品

パッケージ内容・付属品

  • バッテリー本体 x 1
  • Micro-USB充電ケーブル x 1
  • 収納ケース x 1
  • 取扱説明書 x 1

本体充電用のケーブルと収納ケースが付属しています。

収納ケースは、充電ケーブルも入れて持ち歩けるので、あると結構便利です。

 

充電用のアダプタは付属していないので、持っていない方は別途用意しておきましょう。

一般的なアダプタよりも、高速充電タイプがおススメです。

 

PowerCoreSpeed 10000QCの特徴

ここからは「PowerCoreSpeed 10000QC」の特徴を紹介していきたいと思います。
PowerCoreSpeed 10000QC特徴
  • 独自技術「PowerIQ」により充電時間を短縮。
  • Quick Charge対応で高速充電が可能。
  • ポケットサイズの大容量モバイルバッテリー。
  • 発熱しにくいのでポケットやバッグの中に入れても安心。
  • 低価格ながら多機能でコスパ抜群。
  • 18ヶ月間のメーカー保証で安心。

独自技術「PowerIQ」により充電時間を短縮

独自技術「PowerIQ」により充電時間を短縮

「PowerIQ」は、接続した機器に適した最大のスピードで急速充電を可能にした、Anker独自の技術です。

iPhoneやAndroid端末やKindleなど、様々な機器に対応しています。

 

このPowerIQにより、iPhoneの純正アダプタなどの従来のUSB充電器(5V/1A)よりも高速に充電が可能。

接続した機器ごとに最適な電圧に可変するので、機器へのダメージも最小限に抑えることができます。

 

Quick Charge対応で高速充電が可能

Quick Charge対応で高速充電が可能

「PowerCore Speed 10000 QC」では、PowerIQの他に「Quick Charge2.0/3.0」にも対応。

Quick ChargeはPowerIQ同様、接続した機器に最適なスピードで充電してくれます。

 

従来のUSB充電器(5V/1A)と比べ、Quick Charge2.0では約1.8倍、Quick Charge3.0では約4倍ものスピードで充電が可能。

充電に時間がかかってイライラすることもなくなります。

参考 Quick Charge(クイックチャージ)とはサンワサプライ

 

ポケットサイズの大容量モバイルバッテリー

「PowerCore Speed 10000 QC」は、厚みが2㎝ほどありますがクレジットカードサイズなので、ポケットにすんなり収まります。

バッグの中に入れてもかさ張らないので、持ち運びにとても便利です。

 

しかも、先ほど説明したようにコンパクトサイズながら、バッテリー容量は10,000mAhと大容量。

iPhoneXSなら約2.5回も充電することができます。

Google Pixel3は、2回以上充電でできるよ。

 

発熱しにくいのでポケットやバッグの中に入れても安心

「PowerCore Speed 10000 QC」は、充電中でも過度に発熱することがありません。

そのため、ポケットやバッグの中に入れていても、他のものに影響を与えること少なく安心して利用できます。

 

過度な発熱がないのは、高温を検知し自動的に熱を下げるAnker独自の温度管理テクノロジーを搭載しているため。

もちろん、直接手で持ったままでも安心して利用できますよ。

 

低価格ながら多機能でコスパ抜群

ここまで説明してきたように、「PowerCore Speed 10000 QC」はいろんな機能を搭載した多機能モバイルバッテリーです。

しかも。これだけの機能があって価格は3,000円を切る価格帯とコスパも抜群。

モバイルバッテリーを初めて持つ方でも、安心して購入できる製品になっています。

 

18ヶ月間のメーカー保証で安心

18ヶ月間のメーカー保証で安心

Ankerのモバイルバッテリーには、18ヶ月間もの長期のメーカー保証が付いています。

不具合時のサポートや交換を受けること可能なので、いざというときでも安心です。

 

注意

ただし、メーカー保証が受けられるのはアンカー・ジャパンもしくは、AmazonなどのAnker製品正規取扱店の場合のみ。

 

製品と注文番号をAnkerカスタマーサポートに伝えることで、保証を受けることができます。

 

 

PowerCoreSpeed 10000QCのデメリット・注意点

使っていて気になったところも紹介していきます。
デメリット・注意点
  • 本体の充電に時間がかかる。
  • 対応機器でないと「Quick Charge」の効果はない。
  • 出力ポート(USB)が1つしかない。

本体の充電に時間がかかる

バッテリー容量が10,000mAhと大容量のため、充電に時間がかかります。

残量なしの状態からフル充電までは約5時間。

 

外出前にちょっと充電しておこうと思っても、すぐに充電することはできません。

寝る前に充電しておくなど、あらかじめ充電しておく必要があります。

 

対応機器でないと「Quick Charge」の効果はない

「PowerCore Speed 10000 QC」はQuick Charge2.0/3.0に対応しています。

しかし、充電する側の機器がQuick Chargeに対応していなければ効果はなく、通常のUSBからの充電と変わりません。

 

購入前に、あなたが持っている機器がQuick Chargeに対応しているか確認しておきましょう。

参考 Quick Charge対応スマホ、タブレット対応表サンワサプライ
注意

iPhoneとiPadは、Quick Chargeには対応していません。

 

ただ、「PowerCore Speed 10000 QC」はAnker独自技術のPowerIQに対応。

そのため、iPhoneなどのQuick Charge対応機器でなくても通常よりも速く充電することができます。

 

出力ポート(USB)が1つしかない

「PowerCore Speed 10000 QC」には出力ポート(USB)が1つしかないため、同時に2台で充電することはできません。

2台同時に充電したい場合は、出力ポートが2つ付いたモデルを検討してください。

 

PowerCoreSpeed 10000QC他製品との比較

「PowerCore Speed 10000 QC」の類似製品をカンタンに比較してみました。
製品名
PowerCore 10000 Redux

PowerCore Speed 10000 QC

PowerCore II 10000
価格(Amazon 2019.6.19現在)2,999円2,999円3,699円
バッテリー容量10,000mAh10,000mAh10,000mAh
製品寸法104 x 52 x 25 mm100 x 63 x 22 mm96 x 62 x 22 mm
重さ185g204g195g
PowerIQ対応〇(2.0)
Quick Charge対応〇(2.0/3.0)
iPhone/iPad/Android各種対応
定電流モード
入力
5V-2A5V-2A5V-2A
9V-2A
(PowerIQ 2.0入力)
出力
5V-2.4A5-8V-3A
8-10V-2.4A
10-12V-2A
5V-3A
9V-2A
12V-1.5A
(PowerIQ 2.0出力)

 

「PowerCore 10000 Redux」は、Quick Chargeには対応していませんが、10,000mAhというバッテリー容量の割にコンパクトで質感もいいのが特徴です。

「PowerCore II 10000」は、PowerIQ2.0に対応し従来規格よりも高速に充電が可能で、本体へも高速充電できるため、iPhoneなどQuick Chargeに対応していない機器を持っている人におススメ。

 

speed10000QCと10000reduxのサイズ比較

☝「Speed 10000 QC」と「10000 Redux」のサイズ比較。

 

「PowerCore Speed 10000 QC」を中心に、あなたの用途に合わせて選択していくのがベストです。

【レビュー】ANKER PowerCore 10000 Redux【レビュー】Anker PowerCore 10000 Redux/手の中にすっぽり収まる大容量モバイルバッテリー

 

PowerCoreSpeed 10000QCセール情報(Amazon)

Anker製品は、Amazonでセール価格で販売されることがあるよ。

【過去のセール価格情報】

セール名(開催日)セール価格(割引率)
タイムセール祭り(2019年3月30日~4月1日)¥2,399(20%OFF)

Anker製品は、Amazonのビッグセール時に対象機種は変わりますが毎回セール価格になっています。

欲しい方は、ビッグセールのタイミングを狙うとお得に購入できるかも。

 

ビッグセール以外でも安くなっているときがあるので、都度チェックしてみてください。

【2月1日18時から】Amazonタイムセール祭り/事前準備&おすすめ情報まとめ【2019最新】Amazonタイムセール祭りはいつ?事前準備&お得情報まとめ【6月1日9時~3日まで】

 

PowerCoreSpeed 10000QCまとめ

まとめ

PowerCoreSpeed10000QCまとめ

【特徴】

  • 独自技術「PowerIQ」により充電時間を短縮。
  • Quick Charge対応で高速充電が可能。
  • ポケットサイズの大容量モバイルバッテリー。
  • 発熱しにくいのでポケットやバッグの中に入れても安心。
  • 低価格ながら多機能でコスパ抜群。
  • 18ヶ月間のメーカー保証で安心。

 

【デメリット・注意点】

  • 本体の充電に時間がかかる。
  • 対応機器でないと「Quick Charge」の効果はない。
  • 出力ポート(USB)が1つしかない。

 

「PowerCore Speed 10000 QC」は、低価格な上に多機能とコスパが抜群です。

ポケットに収まるコンパクトサイズなので、もち運びにも便利。

 

モバイルバッテリーが初めての方でも購入しやすく、メーカー保証もあり安心して利用できます。

1台持っておいて損はないおススメの製品です。