お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】Anker PowerCore Magnetic 5000/マグネット式モバイルバッテリー

【レビュー/レポ】Anker PowerCore Magnetic 5000/マグネット式モバイルバッテリー

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

iPhone12シリーズから追加された新機能「Magsafe」。

アクセサリをマグネットで吸着できるとても便利な機能ですが、その「Magsafe」を活用したモバイルバッテリーが、ANKERからついに発売されました。

 

PowerCore Magnetic 5000の魅力

  • マグネット固定でケーブル要らず。
  • 持ちやすく携帯しやすいコンパクトサイズ。
  • ワイヤレス非対応機器でもケーブルで充電可能。
  • LEDライトでバッテリー残量を確認できる。

 

そこで、本記事では「Anker PowerCore Magnetic 5000」を実際に使って感じたメリット、デメリットなどを紹介していきたいと思います。

Magsafe対応のモバイルバッテリーを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ANKER PowerCore Magnetic 5000基本情報


PowerCore Magnetic 5000
価格(税込)
※Amazon 2021.4.20
3,990円
バッテリー容量5,000mAh
製品寸法93 x 62.5 x 16(㎜)
重さ132g
本体充電方式USB-Cケーブル
ワイヤレス対応 (Qi認証)
USB Power Delivery対応
iPhone/iPad/Android各種対応
低電流モード
ポート数USB-Cポート×1
パッド型ワイヤレス充電×1
出力USB-C:最大10W
ワイヤレス:最大5W
カラーブラック
メーカー保証期間最大24ヶ月間

PowerCore Magnetic 5000の外観

PowerCore Magnetic 5000の外観

PowerCore Magnetic 5000の外観

大きさは一般的なカードサイズでコンパクト。

背面のワイヤレス充電ポートの位置が分かるようになっています。

 

PowerCore Magnetic 5000の外観

PowerCore Magnetic 5000の外観

側面にUSB-Cの充電ポートがあり、4段階のLEDライトでバッテリー残量を確認可能。

厚みが16mmと薄型かつ握りやすい形状になっています。

 

PowerCore Magnetic 5000の外観

PowerCore Magnetic 5000の外観

重量は132gと軽量。

バッテリーの表面はラバーのような質感になっており、肌触りがよく滑りにくくなっています。

 

PowerCore Magnetic 5000の付属品

PowerCore Magnetic 5000の付属品

  • USB-Cケーブル
  • 取扱説明書

0.5mくらいのUSB-Cケーブルが付属しています。

ですが、充電アダプタが付属していないので、持っていない方はあわせて購入するようにしてください。

【レビュー/レポ】Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル【レビュー】Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

PowerCore Magnetic 5000のメリット・特徴

まずは「Anker PowerCore Magnetic 5000」のメリット・特徴を紹介していきます。
メリット・特徴

  • マグネット固定でケーブル要らず。
  • 持ちやすく携帯しやすいコンパクトサイズ。
  • ワイヤレス非対応機器でもケーブルで充電可能。
  • LEDライトでバッテリー残量を確認できる。
  • 最大24ヶ月間のメーカー保証で安心。

マグネット固定でケーブル要らず

Magsafeが搭載されたiPhone12シリーズに、マグネットで固定することができるのが一番の魅力。

固定したままワイヤレスで充電できるので、今まで必要だったケーブルが要りません。

ケーブルを挿すのが面倒、忘れてしまうといった不安などからも解放されます。

 

持ちやすく携帯しやすいコンパクトサイズ

iPhone12シリーズの大きさにあわせていることもあり、小さくて軽いコンパクトサイズ。

外出時など鞄に入れても、邪魔になることはほとんどありません。

表面がラバーのような素材で滑りにくく、丸みを帯びた形状になっていて持ちやすいのも特徴です。

 

ワイヤレス非対応機器でもケーブルで充電可能

「PowerCore Magnetic 5000」の一番の特徴は、マグネット固定によるワイヤレス充電です。

ですが、USB-Cケーブルによる充電にも対応しているため、ワイヤレス充電非対応機器でも充電可能。

都度、用途に応じて使用方法を変更することができます。

 

LEDライトでバッテリー残量を確認できる

バッテリー容量が5,000mAhということもあり、残量が気になる方も多いと思います。

そんな時でも、「PowerCore Magnetic 5000」ならLEDライトで残量を確認可能です。

必要に応じて残量を節約したり、必要な時だけバッテリーに充電するといったことができます。

 

最大24ヶ月間のメーカー保証で安心

18ヶ月間のメーカー保証で安心

「PowerCore Magnetic 5000」には、18ヶ月間もの長期のメーカー保証が付いています。

不具合時のサポートや交換を受けること可能なので、いざというときでも安心です。

さらに、Anker公式オンラインストア会員となることで、保証が6ヵ月間延長され最大で24カ月間保証されます。

注意

ただし、メーカー保証が受けられるのはアンカー・ジャパンもしくは、AmazonなどのAnker製品正規取扱店の場合のみ。

製品と注文番号をAnkerカスタマーサポートに伝えることで、保証を受けることができます。

 

【レビュー】簡単にどこでもApple Watchが充電できる「Anker Portable Magnetic Charger」が超便利【レビュー】簡単にどこでもApple Watchが充電できる「Anker Portable Magnetic Charger」が超便利

 

PowerCore Magnetic 5000のデメリット・注意点

使っていて気になった点も紹介していきます。
デメリット・注意点

  • バッテリー容量が少ない。
  • 充電速度が遅い。
  • ケース越しはマグネットで固定できない。

バッテリー容量が少ない

「PowerCore Magnetic 5000」は、バッテリー容量が5,000mAhと多くはありません。

そのため、iPhone12Proを電池残量のない状態からフル充電すると、バッテリー容量がなくなってしまいます。

Magsafe対応は魅力ですが、1日に何度も充電する方にとっては物足りないかもしれません。

 

充電速度が遅い

最近のモバイルバッテリーは急速充電に対応しており、充電速度が速いものも多くあります。

しかし、「PowerCore Magnetic 5000」は出力W数がワイヤレスで5W、有線で10Wと大きい方ではありません。

そのため、充電に時間がかかってしまうのがデメリット。

充電速度を重視する方は注意してください。

 

充電速度(参考)

  • 充電残量5%→50%:約2時間
  • 充電残量5%→100%:約4時間半

※使用機種:iPhone12 Pro

 

ケース越しはマグネットで固定できない

iPhoneをケースに入れている場合、マグネットで固定することができません。

Magsafe対応のケースを使えば固定はできますが、それ以外を固定できるだけの磁力はありません。

 

【レビュー/レポ】Anker PowerCore III 10000 Wireless/ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー【レビュー】Anker PowerCore III 10000 Wireless/ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー

 

Anker PowerCore Magnetic 5000まとめ

まとめ

PowerCore Magnetic 5000まとめ

 

【メリット・特徴】

  • マグネット固定でケーブル要らず。
  • 持ちやすく携帯しやすいコンパクトサイズ。
  • ワイヤレス非対応機器でもケーブルで充電可能。
  • LEDライトでバッテリー残量を確認できる。
  • 最大24ヶ月間のメーカー保証で安心。

 

【デメリット・注意点】

  • バッテリー容量が少ない。
  • 充電速度が遅い。
  • ケース越しはマグネットで固定できない。

 

「PowerCore Magnetic 5000」は、iPhone12シリーズに搭載された「Magsafe」を活用したモバイルバッテリーです。

マグネットで固定できるのでケーブルが不要になり、今まで煩わしく感じていた作業もいらなくなります。

 

バッテリー容量が5,000mAhと少なく、充電速度が遅いデメリットもありますが、メリットも多くある製品です。

一日に何度も充電しない、1つ持っておきたいという方は、ぜひ購入を検討してみてください。

 

▼動画で確認したいという方はこちら