お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】Anker 結束バンド式ケーブルホルダー/太いケーブルに対応で配線がスッキリ【Easy-Fastening Cable Holder】

【レビュー】Anker 結束バンド式ケーブルホルダー/太いケーブルに対応で配線がスッキリ【Easy-Fastening Cable Holder】

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

デスク周りの配線がごちゃごちゃしているので、キレイに整理したい。

そんな悩みをお持ちの方におすすめのアイテムが、Anker「結束バンド式ケーブルホルダー」です。

 

どんな製品?

  • 接着とマグネットでホルダーを固定できる。
  • ケーブルストッパーが着脱可能。
  • 邪魔にならないコンパクトサイズ。
  • 接着面は洗って繰り返し利用できる。
  • ケーブル周りを簡単に整理できる。

 

そこで、本記事では「Anker 結束バンド式ケーブルホルダー」を実際に使って感じたメリット、デメリットなどを紹介していきます。

配線をスッキリさせたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Anker結束バンド式ケーブルホルダー基本情報


Easy-Fastening Cable Holder
価格(税込)
※Amazon 2021.8.13
2,000円
タイプ結束バンド式ケーブルホルダー
バンド数8つ
寸法(ホルダー)約95 x 22 x 10 (mm)
重量(ホルダー)12g
メーカー保証最大24ヶ月間

結束バンド式ケーブルホルダーの外観

結束バンド式ケーブルホルダーの外観

結束バンド式ケーブルホルダーの外観

ホルダー本体はかなりコンパクトで、どこへ設置してもほとんど邪魔になりません。

底面は吸着面になっており、マグネットが付かない場所でも固定することが可能です。

木製や金属製、ガラス製などの幅広い材質に対応しており、接着面を洗うことで繰り返し使うことができます。

 

結束バンド式ケーブルホルダーの外観

結束バンド式ケーブルホルダーの外観

付属の結束バンドは8つと、十分すぎるくらいあります。

ケーブル径を問わず、様々なケーブルへの使用が可能です。

 

【レビュー/レポ】Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル【レビュー】Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

 

 

楽天ポイントが簡単に貯まる!スーパーポイントスクリーン
アプリダウンロードはこちら

結束バンド式ケーブルホルダーのメリット・特徴

まずは「AUKEY Omnia Mix」のメリット・特徴を紹介していきます。
メリット・特徴

  • 接着とマジックテープで簡単に固定できる。
  • 太いケーブルでも利用できる。
  • 邪魔にならないコンパクトサイズ。
  • 接着面は洗って繰り返し利用できる。
  • ケーブル周りを簡単に整理できる。

接着とマジックテープで簡単に固定できる

ホルダーの底面は接着面になっているため、様々な場所へ設置することができます。

結束バンドはマジックテープ式なので、ホルダーへの着脱も簡単です。

ホルダーと結束バンドが分離されているので、自由度の高いケーブルホルダーになっています。

 

太いケーブルでも利用できる

ホルダータイプだと、使用できるケーブル径が限定されてしないますが、結束バンド式なのでそのような不安がありません。

マイクケーブル(XLRケーブル)のような太いケーブルでも、問題なく使用できるのがメリットです。

 

邪魔にならないコンパクトサイズ

ホルダーは一般的なカードの半分くらいの大きさで、かなりコンパクトサイズ。

どこに設置しても邪魔にならないところも魅力です。

 

接着面は洗って繰り返し利用できる

ホルダーの接着面ですが、一度使ったら終わりというわけではなく、洗浄することで繰り返し使うことができます。

設置場所を変えるたびに買い替える必要がないので、お財布にも優しいホルダーです。

 

ケーブル周りを簡単に整理できる

いくつか商品の魅力をお伝えしてきましが、ケーブルホルダーに要求されることはケーブル周りをスッキリ整理できること。

それが簡単にできるのが、Ankerの結束バンド式ケーブルホルダーなんです。

機能性にも優れているので、ケーブル周りにお困りの方はぜひ検討してみてください。

 

 

結束バンド式ケーブルホルダーのデメリット・注意点

使っていて気になった点も紹介していきます。
デメリット・注意点

  • 結束バンドを巻くのが少し面倒

結束バンドを巻くのが少し面倒

結束バンド式なのでどんなケーブルにも利用できるのですが、ホルダータイプと比べて巻き付けるのが少し面倒です。

細かい作業が苦手な方は、ホルダータイプを検討してみてください。

 

【レビュー】Anker マグネット式ケーブルホルダー/ケーブル周りの悩みが解決!【Magnetic Cable Holder】【レビュー】Anker マグネット式ケーブルホルダー/ケーブル周りの悩みが解決!【Magnetic Cable Holder】

 

Anker結束バンド式ケーブルホルダーまとめ

まとめ

まとめ

 

【メリット・特徴】

  • 接着とマジックテープで簡単に固定できる。
  • 太いケーブルでも利用できる。
  • 邪魔にならないコンパクトサイズ。
  • 接着面は洗って繰り返し利用できる。
  • ケーブル周りを簡単に整理できる。

 

【デメリット・注意点】

  • 結束バンドを巻くのが少し面倒

 

Ankerの「結束バンド式ケーブルホルダー」を使えば、簡単にケーブル周りを整理することができます。

価格も2,000円と少し高めですが、とても便利な製品です。

 

僕もこのホルダーを購入してから、汚かったケーブル周りがスッキリし作業もはかどるようになりました。

ケーブル周りにお困りの方は、ぜひ購入を検討してみてください。

 

☟動画で確認したいという方はこちら