お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

【レビュー】Kindle Paperwhiteにカバーは必要?いらない?純正&おすすめを紹介

【レビュー】Kindle Paperwhiteにカバーは必要?いらない?純正&おすすめを紹介

こんにちは、いたる(@mixart_twit)です。

Amazonの電子書籍リーダー「Kindleシリーズ」。

中でも、「Kindle Paperwhite」は価格と機能のバランスが良く人気があります。

 

このKindle Paperwhiteを買うときに悩むのが、カバーが必要かどうかという点。

僕も購入する前はかなり悩みました。

 

結論を先に行ってしまうと、僕はカバーが必要だと感じています。

そこで、ここではKindle Paperwhiteにカバーが必要な理由と純正ファブリックカバーのレビューを紹介。

 

カバーを買うかどうか迷っている方は参考にしてみてください。

 

☟KIndle Paperwhite本体の紹介記事はこちら

【レビュー】Kindle Paperwhite/まるで紙の本。軽量で防水機能付きの電子書籍リーダー(第10世代)

 

【9/30まで】Amazonデバイス用アクセサリが20%OFF

【9/1まで】Amazonデバイス用アクセサリが20%OFF

キャンペーン期間

2019年7月1日(月)0:00 ~ 2019年9月30日(月)23:59まで

キャンペーン内容

注文確定時にクーポンコードを入力することで、対象のAmazonデバイスアクセサリが20%OFFで購入できます。

 

 

Kindle Paperwhiteにカバー必要な理由

カバーが必要だと感じた部分を紹介します。
カバーが必要な理由
  • 画面をしっかり保護できるので安心。
  • グリップが良く滑りにくい。
  • オートスリープ機能が便利。
  • 見た目が良くなる。

画面をしっかり保護できるので安心

Kindle Paperwhiteの画面は、スマホやタブレットのようにガラスではありません。

そのため、細かな傷や衝撃には弱い面があります。

 

保護フィルムで対応することも可能ですが、カバーを使うことでより安全に利用が可能。

内側はマイクロファイバーを使用しているので、きれいに保つこともできます。

 

グリップが良く滑りにくい

表側がファブリック素材なので、グリップが良く滑りにくくなっています。

本体を落としてしまうといったことも少なくなり安心です。

防水ではありませんが水にも強いので、いろんなシーンで利用することができます。

 

オートスリープ機能が便利

Kindleの電源ON・OFFは、底面にある電源ボタンを使います。

カバーなしの場合、毎回ボタンを押す必要があり、意外と面倒くさいです。

 

ですが、純正ファブリックカバーにはオートスリープ機能が付いているので、開いたり閉じたりするだけで電源のON・OFFができます。

細かいところですが、長く使えば使うほど便利だと感じる機能です。

 

見た目が良くなる

純正ファブリックカバーは、高級感があり見た目がとてもよくなります。

飽きのこない落ち着いたデザインなので、長く利用できるカバーです。

 

 

Kindle Paperwhite純正ファブリックカバー基本情報


Kindle Paperwhite用ファブリックカバー
価格(2019.7.20現在)¥3,680
モデル(世代)2018年(第10世代)
素材表面:ファブリック素材
内側:マイクロファイバー
スリープ機能あり
マグネットあり
スタンド機能なし
カラー(3色)
重量113g

純正ファブリックカバーの外観

純正ファブリックカバーの外観

純正ファブリックカバーの外観

表と裏は、水に強く滑りにくいファブリック素材になっています。

見た目も高級感があります。

 

純正ファブリックカバーの外観

純正ファブリックカバーの外観

取り外しと充電ができるように、上部と下部は覆われていません。

側面と角は覆われているので、落としたとしても直に衝撃が伝わらないようになっています。

 

純正ファブリックカバーの外観

純正ファブリックカバーの外観

裏面はマイクロファイバーになっているので、画面をやさしく保護しきれいに保ってくれます。

プラスチック部は、装着しても画面と同じ高さでフラットです。

 

純正ファブリックカバーの外観

純正ファブリックカバーの外観

カバーを閉じたときや、折り返したときのどちらの場合も磁石でくっ付きます。

ですので、カバーの蓋がパカパカして邪魔になることがありません。

 

個人差はあると思いますが、カバーなしの時よりも厚みが出るので、片手でも持ちやすくなりました。

 

カラーバリエーションは3種類

カラーバリエーションは3種類

カラーバリエーション

チャコールブラック

カナリアイエロー

マリンブルー

 

選べるカラーが3色あるので、自分好みのKindleにすることができます。

このページで紹介しているのはマリンブルーです。

 

純正ファブリックカバーのデメリット・注意点

実際に使ってみた感じた注意点も紹介します。
デメリット・注意点
  • 価格が3,680円と高い。
  • カバーを付けると重さが約1.5倍になる。
  • カバーは防水じゃないので防水機能を活かせない。

価格が3,680円と高い

純正ファブリックカバーは、価格が3,680円とけっこう高い設定になっています。

カバーにここまでお金を掛けられない、という人も多いのでは。

 

高いと感じた方は、純正でなければ1,000円位で買えるものもあるので、そちらを検討してみてください。

純正以外のおすすめカバーは、次の項目で紹介しています。

 

カバーを付けると重さが約1.5倍になる

カバーを付けると重さが約1.5倍になる

カバーを付けると重さが約1.5倍になる

純正ファブリックカバーは重さが113gと軽量です。

ただ、本体にカバーを取り付けると約300gになり、片手で持てないことはありませんが、ケースなしの状態と比べると重さを感じます。

重さを重視する方にとっては、気になる部分かもしれません。

 

カバーは防水じゃないので防水機能を活かせない

純正ファブリックカバーは水に強い素材ではありますが、防水ではありません。

KIndle Paperwhiteの特徴でもある、IPX8等級の防水機能を活かすには都度取り外す必要があります。

 

しかし、カバーから取り外すのは簡単ではないため、現実的ではありません。

水のかかる場所で利用することが多い方は、カバーなしの方がいいと思います。

 

純正以外のおすすめカバー

「純正カバーは高い」という方向けに、純正以外のおすすめカバーを紹介します。

AINOYA Kindle Paperwhite 2018 第10世代用保護カバー

2,000円を切る低価格ながら、純正カバーよりも軽く、純正と同じくらい高機能な製品です。

バリエーションも豊富なので、好みの柄を選ぶことができます。

 

ATiC Kindle Paperwhite 第10世代用ケース

価格が1,000円ちょっとなのに機能はしっかりしていてコスパが優秀。

つくりや素材に関しては価格相応ですが、バリエーションもたくさんあります。

とにかくコストを抑えたい方におすすめのカバーです。

 

ATiC Kindle Paperwhite 第10世代用ケース(スタンド機能あり)

先ほどのコスパのいいATiCのカバーに、スタンド機能が付いた製品になります。

バリエーションは少なくなりますが、スタンド機能が欲しいという方におすすめのカバーです。

 

Kindle Paperwhite純正カバーまとめ

まとめ

カバーまとめ

【カバーが必要な理由】

  • 画面をしっかり保護できるので安心。
  • グリップが良く滑りにくい。
  • オートスリープ機能が便利。
  • 見た目が良くなる。

 

【デメリット・注意点】

  • 価格が3,680円と高い。
  • カバーを付けると重さが約1.5倍になる。
  • カバーは防水じゃないので防水機能を活かせない。

 

Kindle Paperwhiteのカバーを紹介してきましたが、冒頭で書いたとおり僕はカバーが必要だと感じています。

カバーを使わなくても大きな問題はありませんが、使うことによって余計な不安がなくなり、安心して利用できるようなりました。

 

ただ、純正ファブリックカバーは3,680円と高額です。

「ちょっと高くて手が出せない」という方には、1000円~2000円で買えるカバーもたくさんあるので、純正以外のカバーを検討してもいいと思います。

 

個人的には、機能面や素材など考慮すると純正ファブリックカバーがおすすめです。

 

☟KIndle Paperwhite本体の紹介記事はこちら

【レビュー】Kindle Paperwhite/まるで紙の本。軽量で防水機能付きの電子書籍リーダー(第10世代)