キャンプレポ in 赤城山オートキャンプ場・サイト、イベント、口コミ情報など

キャンプレポ in 赤城山オートキャンプ場・サイト、イベント、口コミ情報など

こんにちは、いたるです。

夏の暑さも和らいで、ようやく秋の陽気になってきましたね。

 

先日、僕と親戚の2家族でキャンプへ行ってきました。

最初は7月末に行く予定だったのですが、台風が来てやむなく延期することに。

ホントついてない (-_-;)

気を取り直して、9月1日~2日に予約しました。

 

今回行ったキャンプ場は「赤城山オートキャンプ場」です。

せっかくなので、赤城山オートキャンプ場のこと、利用したサイトやイベントのことなど、紹介していきたいと思います。

 

赤城山オートキャンプ場 基本情報

赤城山オートキャンプ場

赤城山オートキャンプ場は、群馬県前橋市にあるキャンプ場です。

林間サイトがメインですが、バンガローやキャビンなどの宿泊施設も用意されています。

定期的にイベントも行われていて、子どもが楽しめる要素がたくさんあるのも特徴です。

開設1992年
環境林間
標高550m
電源付きオートサイト50サイト
電源なしオートサイト15サイト
バンガロー・キャビン20棟
利用期間通年(冬季不定休)

 

キャンプサイト

赤城山オートキャンプ場・エリア
出典:赤城山オートキャンプ場HP http://autocamp-akagi.com/camp/index.html

グリーンエリア

高さ10mほどの木々に囲まれたサイトで、森の中に近い雰囲気を楽しむことができます。

サイト数が一番多くあり、管理棟からは一番遠いサイトです。

 

ブルーエリア

5mほどの雑木林に囲まれ、一つ一つの区画が広いので、初心者やファミリーでも利用しやくなっています。

トイレや炊事場、管理棟が近いので、子供連れでも安心です。

 

イエローエリア

約160㎡と一番広いサイトが4つあります。

2家族で利用できたりと、いろいろな形で利用できるのが特徴のサイトです。

 

宿泊施設

赤城山オートキャンプ場・宿泊施設
出典:赤城山オートキャンプ場HP http://autocamp-akagi.com/camp/bungalow.html

バンガロータイプ

テント替わりのデッキ付きの小屋です。

テントを持っていない、立てられない人でもキャンプ泊を楽しむことができます。

木のぬくもりを感じられる宿泊施設です。

 

トレーラータイプ

バンガロータイプよりの設備が充実しています。

エアコン、トイレ、水道、冷蔵庫など、普段の生活とさほど変わらない状態で、キャンプ泊を楽しむことができます。

初心者の方でも手軽に宿泊できるのが特徴です。

 

場内設備

場内設備

売店やシャワールームなど設備はしっかり用意されています。

トイレは2ヶ所あり、お湯の出る炊事場もあります。

 

バーベキュースペースがあるので、雨が降った日でも安心です。

ブランコやすべり台、ターザンロープなど、子供が遊べる遊具もあります。

 

今回利用したサイト・宿泊施設

サイト・宿泊施設

僕が今回利用したサイトと宿泊施設を紹介したいと思います。

ブルーサイト

ブルーサイト
▲使用しているのはコールマン/タフワイドドームⅣ/300です。

約100㎡の広さがある電源付き(1500W)のサイトです。

車を駐車するスペースが区画外に用意されているので、サイト全体を利用することができます。

 

地面も砂利が敷きつめられているので、水はけがかなり良くなっています。

前日にかなり雨が降ったのですが、当日は「湿っているかな?」くらいで、まったく問題ありませんでした。

 

土だけの場合と違い、ぬかるんだりしないのでテントも張りやすかったです。

電源付きなので、電気の供給も困りません。

トイレや炊事場までは歩いて1~2分と、アクセス抜群のサイトです。

 

夜は外灯もなく真っ暗で、電源のないサイトもあります。

そんなときに持っておくといいのが、suaoki ポータブル電源 S270です。

LEDライトも強力で、暗闇をしっかり照らしてくれますよ。

▼レビュー記事も書きました。

【レビュー】suaoki ポータブル電源 S270 キャンプや非常時におすすめ【レビュー】suaoki S270はコスパ最高のポータブル電源:非常時にもおすすめ

キャビン

赤城山オートキャンプ場・キャビン

室内5畳、デッキ3畳のキャビンです。

室内にはエアコン、トイレ、マットレスが付いていて、デッキには冷蔵庫、流し台、椅子付きテーブルが設置されています。

 

十分すぎるくらいの設備で、不自由なく宿泊ができる施設です。

寝床が2段式になっているので、思った以上に広く使える室内になっていますよ。

キャビンの設備

 

キャビンの前の区画は、駐車スペースやタープなどの設置に使用できます。

約50㎡の広さなので、車を駐車するとタープをたてるの時は少し工夫が必要です。

キャビン・タープ設営
▲使用しているのはコールマン/XPヘキサタープMDXです。

 

子供が喜ぶイベントがたくさん

子供が喜ぶイベントがたくさん

赤城山オートキャンプ場の特徴の一つが、週末に開催されている参加型のイベントです。

時期にもよりますが僕が行ったときは、

「スプラッシュトレジャー」

「アドベンチャーチャレンジ」

「ビンゴ大会」

を開催していました。

それぞれ参加するのに、1人当たり500円かかります。

 

スプラッシュトレジャーとアドベンチャーチャレンジは、宝探しのようなイベントです。

一緒に行った子供たちが大喜びで、全部参加していました。

でも1回500円なので、けっこう痛い出費でした (~_~;)

ビンゴ大会
▲景品の目玉はコールマンの折り畳みチェアでした。

ビンゴカード
▲絵柄を揃えるビンゴカード

 

10月にはハロウィンイベントもやるみたいですよ。

参考 赤城山オートキャンプ場 イベントhttp://autocamp-akagi.com/event/

 

利用してみた感想

キャンプ

実際に利用してみて感じたことは、

・各サイトがしっかり整備されている

・地面に砂利が敷きつめられているので、凸凹がなく水はけもいい。

・キャビンは想像以上に広く、十分すぎるくらい設備が充実している。

・子供が遊べる遊具やイベントがたくさんあって飽きない。

・トイレや炊事場などの水回りもきれいで清潔感がある。

・食材や道具は管理棟でなんでも揃えることができる。

などです。

また次回も利用したいと思える、素晴らしいキャンプ場でした。

 

赤城山オートキャンプ場の口コミ

口コミ

赤城山オートキャンプ場に関する口コミを一部紹介します。

まとめ・周辺のおすすめスポット

旅日記

赤城山オートキャンプ場は設備もきれいで、しっかり管理されています。

初心者や家族連れの方から、経験者や熟練者の方まで利用できるキャンプ場だと思います。

通年で利用できるので、冬にキャンプをする人にもおすすめです。

 

それとアンケートに答えると、焼き肉のたれキャンプ場のステッカーがもらえますよ(2018年9月現在)。

時間があったらやってみて下さい。

参考 赤城山オートキャンプ場http://autocamp-akagi.com/

 

赤城山オートキャンプ場のチェックアウトは、キャンプサイトで12:00までです。

キャンプから帰るときに、どこかに寄ってから帰ってみてはいかがでしょうか?

 

最後に、個人的におすすめのスポットを紹介したいと思います。

僕はキャンプの後、るなぱあくで遊んでから水沢うどんを食べて、伊香保の湯の花まんじゅうを買ってから帰りました。

 

小さい子供がいるなら「るなぱあく」

るなぱあく

日本一安いと言われている遊園地「るなぱあく」。

赤城山オートキャンプ場からは30分くらいで行けます。

 

小学校前のお子さん向けの乗り物ですが、1回50円と激安です。

小さな遊園地なので1~2時間で遊びつくせますよ。

▼レビュー記事も書きました。

500円で遊べる遊園地「るなぱあく」子供が大満足の内容を紹介【群馬前橋】日本一安い遊園地「るなぱあく」 乗り物、料金、口コミなど紹介[群馬前橋]

 

水沢うどんの有名店「大沢屋」

水沢うどん・大沢屋

日本3大うどんの一つである「水沢うどん」。

大沢屋は昭和45年創業で、強いコシ・透明感・のど越しの良さが評判の有名店です。

赤城山オートキャンプ場からは1時間弱で行けるので、昼食に水沢うどんを食べるのもいいですよ。

参考 水沢うどん 大沢屋http://www.osawaya.co.jp/

 

湯の花饅頭の「清芳亭」

湯の花饅頭「清芳亭」

伊香保の湯の花まんじゅうを販売している「清芳亭」。

大沢屋から5分ほど行ったところにあります。

薄皮であんこも甘すぎないので、とてもおいしいですよ。

参考 湯の花饅頭 清芳亭http://www.seihoutei.com/