お得な ギフト券キャンペーンはここをクリック

ロリポップのウィジェットでアドセンス広告が保存できないときの解決方法【WordPress】

WordPress ロリポップでアドセンス広告が保存できないときの解決方法

こんにちは、いたるです。

WordPressでブログを作成しているといろいろな問題に直面します。

今回は、僕が直面した問題とその解決方法を紹介したいと思います。

Googleアドセンスの広告が保存できない

以前、別の運営しているサイトで僕が直面した問題は「ウィジェットでアドセンスの広告が保存できない」というものでした。

待てど暮らせど保存されないまま、ずっとクルクルと回り続けていました。

アドセンス保存できない1

カスタムHTMLだとダメなのかと思い、テキストなどでやってもダメ。いろいろ調べ試してみたのですが、どれも解決することができませんでした。

そんなとき、ある一つの方法がこの問題を解決してくれました。

楽天スーパーセールの開催日はいつ?

 

【12/4~12/11】今年最後!楽天スーパーセール開催

セール会場はこちら

WordPress側ではなく、サーバー側の設定の問題だった

結論から言うと、

ロリポップのWAF設定を無効にする

ことで問題を解決することができました。

ロリポップのWAF機能が原因

当時、僕はレンタルサーバーにロリポップを使用していて、このロリポップには、「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)」という機能が標準装備されていました。

ロリポップのHPによると、この「WAF」は「不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能」とのことで、セキュリティ面で重要な機能であることがわかりました。

WAF設定とアドセンスの関係について調べてみると、やはりこのWAF設定が有効になっているときはアドセンスの広告が保存できないことが分かりました。

WAFのログを見てみるとしっかりブロックされていました (;^ω^)

アドセンス保存できない2

WAF設定を無効にして試してみると、いままでが嘘のようにすんなりアドセンスを保存することができました。

ここからは、WAF設定の変更方法を説明していきます。

WAF設定の変更方法

STEP1
ロリポップのWAF設定を開く

WAF設定方法1

ロリポップのユーザー専用ページから、セキュリティ→WAF設定をクリック。

STEP2
WAF設定を無効にする

WAF設定方法2

該当するドメインの「無効にする」をクリックしWAFを無効にします。

STEP3
無効にした後、反映されるまで待つ

WAF設定方法3

無効に変更後、状態が反映されるまで5~10分かかるので反映されるまで待ちます。

STEP4
アドセンスを保存

WAF設定方法4

5~10分経ったら、WordPressのウィジェットでアドセンスを保存します。

STEP5
WAFを有効にする

WAF設定方法5

アドセンスの保存が終わったら、最後にWAFを「有効にする」をクリックして、設定を元の状態に戻しましょう。

注意

WAFによる脆弱性対策はセキュリティ対策として必要なものです。

アドセンスの設置が済んだら必ず有効化するのを忘れないようにしましょう。

WAF機能を有効にするのを忘れないようにしてね!