Google アナリティクスで外部リンクのクリック数を計測する方法とは?

Googleアナリティクスで外部リンクのクリック数を計測

こんにちは、いたるです。

運営しているサイトの外部リンクのクリック数を計測したい。と思ったことがあるのではないでしょうか。

実は、「Google アナリティクス」を使うことで簡単に計測できるようになります。

でも、どうすればできるようになるの?

結論から言うと、「Google Analytics」「Google タグマネージャ」を使用することで、「Google アナリティクス」のイベントとして計測ができるようになります。

ここから、登録・設定方法を説明していくのですが、「Google アナリティクス」の登録方法は別の記事にて記載していますので、そちらを確認お願いします。

参考 Google アナリティクスの登録・設置方法いたるブログ

ここでは、「Google タグマネージャ」の登録・設定方法と「Google アナリティクス」の設定方法を説明していきます。

「Google タグマネージャー」の登録・設定方法

登録方法

  • STEP1
    「Google タグマネージャ」にログインする

    タグマネージャログイン

     

    Googleアナリティクスソリューションのトップページより、「Google タグマネージャ」をクリック。

    参考 Googleアナリティクスソリューショントップページ

     

    「Google アナリティクス」と同じアカウントでログインしましょう。

  • STEP2
    アカウント名を入力する

    タグマネージャアカウント名入力

    アカウント名を入力し「続行」をクリックします。

  • STEP3
    コンテナ名を入力する

    タグマネージャコンテナ名を入力

    コンテナ名を入力し、使用場所は「ウェブ」を選択したら「作成」クリックします。

    利用規約が表示されたら「はい」をクリック。

  • STEP4
    スニペットを確認

    タグマネージャスニペット確認

    「Google タグマネージャ」のスニペットが表示されるので、「OK」をクリックします。

  • STEP5
    アカウント設定完了

    タグマネージャアカウント設定完了

    「GTM-」から始まるIDが発行され、アカウントの設定は完了です。

    スニペットは、IDをクリックすることでいつでも確認することができます。

スニペットをHTML内に挿入する

アカウントのトップページよりIDをクリックし、スニペットを表示させます。

タグマネージャスニペット挿入

表示されたスニペットを解析対象の全ページのHTML内に挿入します。

スニペットは2つのコードからなり、上のコードは<head>タグ内の一番上に、下のコードは<body>タグ内の一番上に挿入します。

スニペットの挿入が完了すると「Googleタグマネージャ」が動作するようになります。

でも、全部のページに挿入するのは大変だね。
そんな時はこれを使うと簡単にできるよ。

WordPressならプラグインを使って自動で挿入できる

スニペットの挿入はアナリティクスのトラッキングコードと同じで、解析対象のページが多ければ多いほど大変な作業です。

でも、WordPressを使っている場合は「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」というプラグインを使うことで簡単に挿入できます。

タグマネージャプラグイン

ダッシュボードからプラグイン新規追加を選択し、「Google Tag Manager」と検索します。

検索結果に「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」が出てくるので、「今すぐインストール」をクリックしてインストール。完了したら「有効化」をクリックします。

タグマネージャプラグイン設定

無事に有効化ができたら、プラグインの設定を開き、タグマネージャIDを入力し、「変更を保存」をクリックすれば設定完了です。これで、スニペットが全ページに挿入されます。

アナリティクスとタグマネージャの2重カウントに注意

タグマネージャのスニペットをHTML内に挿入されていて、さらにアナリティクスのトラッキングコードも挿入されている状態の場合、アナリティクスのユーザー訪問のカウント時にページビュー数が2重にカウントされてしまいます

ページビュー数が2重にカウントされることで、サイトから直帰した場合も直帰と判断されなくなります。

これにより、直帰率が異常に低い数値になり正確に計測できなくなってしまいます。

この2重カウントをしないようにするには、アナリティクスのトラッキングコードをHTML内から全て削除する必要があります。トラッキングコードがなくてもタグマネージャのスニペットが挿入されていれば、アナリティクスは正常に計測してくれるので問題ありません。

WordPressやはてなブログなどでトラッキングIDを指定している場合も、削除する必要がありますので一度確認をしておいたほうがいいでしょう。

「Google アナリティクス」のタグをコンテナに追加

スニペットの挿入ができたら、アナリティクスで利用状況をトラッキングできるように「アナリティクスのタグ」コンテナに追加します。

  • STEP1
    新しいタグを追加

    コンテナ追加

    「新しいタグを追加」をクリックします。

  • STEP2
    タグと変数を設定する

    タグの設定

    タグの名前(任意)を入力した後、「タグタイプを選択~」をクリックし「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。

     

    タグの設定2

    Googleアナリティクス設定で「新しい変数」を選択します。

     

    タグの設定3

    変数の名前(任意)を入力した後、アナリティクスのトラッキングIDを入力し「保存」をクリックします。

  • STEP3
    トリガーを選択する

    トリガーの選択

    変数の設定ができたら、「トリガーを選択~」をクリックします。

     

    トリガーの選択2

    トリガーの選択で「All Pages」を選択します。

  • STEP4
    タグを保存する

    トリガーの選択3

    トリガー選択後、「保存」をクリックします。

  • STEP5
    タグの追加完了

    コンテナ追加完了

    ワークスペースに追加されていれば設定完了です。

外部リンクのクリック数を計測するタグを追加する

「アナリティクスのタグ」を追加したら、次は「外部リンクのクリック数を計測するタグ」を追加していきます。

  • STEP1
    変数を追加する

    外部リンクタグ1

    「変数」を選択し「設定」クリックします。

    変数の一覧が表示されますので、「クリック」の変数を全て選択します。

     

    外部リンクタグ2

    選択すると変数が追加されます。

  • STEP2
    クリック数計測用タグを追加

    外部リンクタグ3

    「新しいタグを追加」をクリックし、タグを作成します。

    タグの名前を入力し、タグタイプは「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。

     

    外部リンクタグ4

    トラッキングタイプは「イベント」を選択。

    カテゴリ名を入力し、アクションは変数「Click Text」、ラベルは変数「Page Path」を選択します。

    値には「1」と入力し、アナリティクス設定は作成した「アナリティクスのタグ」を選択します。

  • STEP3
    トリガーを選択する

    トリガー選択

    トリガー選択2

    トリガーを選択の右上にある「+」をクリックしトリガーを追加します。

     

    トリガー選択3

    トリガー名を入力し、トリガーのタイプは「リンクのみ」を選択します。

     

    トリガー選択5

    トリガー設定の画面になるので、「一部のリンククリック」を選択し、計測する外部リンクの条件を設定し「保存」をクリックします。

    あなたのサイトのリンクを含まないように設定するのも忘れないようにしましょう。

     

    トリガー選択4

    トリガーの選択が完了したら、「保存」をクリックします。

  • STEP4
    タグの設定完了
これでタグの設定は終わり。次は、コンテナを公開するよ。

タグを追加したコンテナを公開する

タグの追加ができたら、コンテナを公開してタグがサイト内で動作するようにします。

  • STEP1
    プレビューを確認する

    コンテナの公開1

    プレビューボタンをクリックし、プレビューモードにします。

  • STEP2
    サイトでタグが動作しているか確認する

    コンテナの公開2

    サイトを表示し、作成したタグが正常に動作していればタグマネージャの画面がサイト上に表示されます。

  • STEP3
    コンテナを公開する

    コンテナの公開3

    タグが動作していることを確認したらコンテナの公開します。

    右上の「公開」ボタンをクリックします。

    コンテナの公開4

    バージョンの公開と作成画面になるので、バージョン名を入力し「公開」をクリックします。

    公開後、ワークスペースに戻り公開されていることを確認します。

  • STEP4
    プレビューを終了する

    コンテナの公開5

    公開が完了したら「プレビューモードを終了」をクリックし、プレビューを終了します。

  • STEP5
    コンテナの公開完了
これで「Google タグマネージャ」の設定はおしまい。

ふう。やっと設定できたね。
あと少しで終わるから頑張って!

「Google アナリティクス」の目標設定・動作確認

タグマネージャの設定が終わったら、次は、アナリティクスの目標を設定します。

この目標を設定することで、アナリティクスで計測ができるようになります。

目標の設定方法

アナリティクス目標設定1

アナリティクスの「管理」の「目標」選択し、「新しい目標」をクリックします。

 

アナリティクス目標設定2

目標作成画面になるので、目標設定で「カスタム」を選択し「続行」をクリックします。

 

アナリティクス目標設定3

次に、目標の説明では目標名を入力。

タイプは「イベント」選択し「続行」をクリックします。

 

アナリティクス目標設定4

最後に、目標の詳細でイベント条件を設定します。

カテゴリ名・アクション名・ラベル名を入力。ここでは、それぞれ「outbound」、「linkclick」、「externallink」とします。

入力が完了したら「保存」クリックします。

 

アナリティクス目標設定5

目標の保存が完了すると、目標が作成されます。

これで、アナリティクスの目標設定は完了です。

最後に、ちゃんとクリック数を計測できるか確認します。

クリック数の計測ができているか動作を確認

アナリティクスの「リアルタイム」から「イベント」を選択します。

アナリティクス目標設定6

実際にサイト内の外部リンクをクリックしてみましょう。

このときに、管理者や編集者のアクセスを計測から除外している場合は、一旦解除し計測される状態にします

正常に計測できていれば、イベント欄に設定したカテゴリ名と計測数が表示されます。これが確認できれば設定完了です。

お疲れさまでした。これで外部リンクのクリック数が計測できるようになったよ。

大変だったけど、計測できるようになればサイト運営の役に立つね!
タグや目標の設定を変えるといろんな計測ができるようになるよ。時間があったら試してみてね!